Vortex Simulation Software


共同ワークのために異なったアプリケーション、ツール、データフォーマットに使うる工数は、時折プロジェクトのフォーカスをぼやかしてしまうことがあります。

バーチャルプロトタイプで設計パフォーマンスをテストするのか、オペレータトレーニングのための没入型シミュレーションを作成するのか、大きなビジョンの中で確認する必要があります。

CM Labs社のVortexのソフトウェアソリューションのプラットフォームは、単に全体像を見せるだけでなく、インタラクティブなモーションの中にシミュレーション作成するために必要なツールをお客様に提供します。

Vortexは、強力なビジュアライゼーションの編集機能、CADインポートと最適化の機能により、あなたの既存のエンジニアリングアセットを直接、業界のリーディングシミュレーションのプラットフォームの中で利用することができます。

もう、既存モデルの変換のための third-partyツールを利用する必要はありません。

また、シミュレーションパフォーマンスの改善やビジュアライゼーションの調整のために、四角ものに戻る必要もありません。

VortexのGraphics Galleryでは、機構とシーンを作成し、編集するためのインタラクティブなデスクトップベースのツールVortex Editorの中で、ビジュアライゼーションのプロパティを編集、グラフィックスマテリアルを修正できます。

 

降雨環境の影響を増やしたり、没入性の拡張など、機構のビジュアルプロパティのファインチューニングと与えられたシナリオの適用を簡単にします。

 

Vortexのソフトウェアは、既存のCAD資産をインタラクティブなリアルタイムシミュレーション環境に取り込み再利用します。現実世界のシナリオの中で設計のパフォーマンスを評価し、要求仕様と比較することができます。

 

 

解析のために、設計意図を残してインタラクティブな機能シミュレーションの中に入れてCADデータの最適化やロバストな変換を確実にするインテリジェンスなデフィーチャリングツールで、モデル内の詳細レベルをコントロールすることができます。

設計意図を残して、解析のために頼ることができる定義で、バーチャルプロトタイピングを実施することができます。Vortexのプラットフォームにより、開発コストと時間を短縮化し、あなたのワークフローを加速します。

 

Vortex 6.6の新機能

OpenCOLLADA model import

CADファイルの取り込みで新しいOpen COLLADA 3D ファイルがサポートされたことで、3Dモデリングとレンダリングのソフトウエアから設計資産を再利用するための選択肢のフレキシビリティが向上しました。

Simulation replay

Simulation replayの機能で、重要なフレームにブックマークをつけたり、そのポイントから再開したりできるようになりました。特定のシナリオに対して異なった結果を模索したり、もっと簡単に難しいオペレーションに繰り返し挑戦することもできます。

Advanced collision geometry decomposition

高度なCG自動分解アルゴリズムにより複雑な形状も効率的に正確な接触を定義します。

SpeedTree library

Vortex6.6の新機能として、シミュレーションシナリオのリアリズムの改善のために、事前に最適化されたSpeed Treeの植物アセットが追加されています。

Automatic asset instancing

パフォーマンを犠牲にせず多数の同一オブジェクトをシミュレーションシーンに移植し、Vortexの新しいAutomatic asset Instancingの機能で重複するアセットのプロパティを同時編集。

New wake and propeller effects

移動中の船舶が起こす後流効果やプロペラ洗浄効果など海洋シミュレーションのビジュアルのリアリズムをさらに改善。

Cable Link Simulation

新しいケーブルリンクシミュレーションのメカニズムでは、リングとケーブル間の摩擦と接触を正確なモデル化とジップラインにあるようなケーブルリングが実装できます。

Soil Layers

Vortexのアースワークゾーンは、複数の土壌の層に異なった圧力密度のプロパティを個別に設定することができます。表面の土壌を壊せる固いものにして、続く地層はもっと簡単に掘り返ることができるものにすることもできます。

詳しくは、 Vortex 6.6 Release NotesProduct Capability Specificationsをダウンロードしてご覧ください。または、弊社担当までお問い合わせください。

Vortex 6.6 Webinar

 

Vortex 6.7の新機能(2016年6月リリース)

違いが分かる改善されたビジュアライゼーション

Vortex6.7では、過去最も大幅に改良されたいくつかのビジュアライゼーションの機能が導入されています。Vortex Editorの新しいマルチテクスチャー機能、改良されたライティングエンジン、新しいアンチエイリアス手法のサポートで非常にリアリスティックなモデルと環境が作成できるようになりました。Vortex6.7で、もっと小さく、もっと効率的なテクスチャーでリッチなビジュアルをデザインして、あなたのシミュレーションに生命を宿らせます。

システムのセットアップと配布を簡単に

Vortex6.7では、Vortex Editorの中に、新しいシステムコンフィギュレーションドキュメントタイプでシミュレーションインテグレータが提供されています。これにより、ハンドコードのコンフィギュレーションファイルなしに、直観的なドラッグ&ドロップを使って、ネットワークからどのようにシミュレーションを配布するかを簡単に定義できるようになりました。

新しいDisplay Managerのセットアップインターフェースは、どのようにディスプレイチャネルがコンフィギュレーションされているかが表示され、リアルワールドで使われているディメンジョンで、簡単に新しいディスプレイを作ることができます。

車両シミュレーションの強化

メカニカルエンジニアがもっと正確なトランスミッション性能と振る舞いを複製できるように微調整用のパラメーターと外部のCTRとLambda Tableへのリンク機能で、Vortexの車両シミュレーションとビジュアライゼーションモジュールが改良されています。

 

2016年6月にリリースされたVortex 6.7の新機能の概要は、こちらからご覧ください。