Vortex Player


Vortex Player を使えば、あなたのVortex アプリケーションを可視化、配布、共有、トラブルシューティングができます。

高度なビジュアリゼーション/ゲームエンジンをインテグレーションコストなしで、箱から出したらすぐに使える準備されたVortex Playerで、あなたのシミュレーションアプリケーションを簡単にかつ即座に展開することができます。

ビルトインのネットワークレイヤーにより、シンクロしたマルチチャネルのビジュアリゼーションのためにの複数のVortex Playerインスタンスをネットワーク経由で展開できます。

Vortex Playerは、効率的な分散処理とリアルタイムパフォーマンスのために、グラフィックス、ダイナミックスと外部アプリケーションをネットワーク環境の中で配布する設定も可能です。

Vortexのフレームワーク内の統合されたアプリケーションとして、Vortex Playerは、Vortexのビジュアルシステムのすべての高度なビジュアライゼーションとライディング効果をサポートします。

  • シャドウ付のダイナミックライトニング、テクスチャーマッピング、粒子ベースの効果(塵、煙、スプラッシュ)
  • ビルトインのスカイドームと天気
  • Vortex Marineの海洋環境のビジュアリゼーション
  • Vortex Cable Systemsによるケーブルのビジュアル化と Vortex Earthworksによる土砂の挙動

Multichannel implementation of the Vortex Player

 

Vortex Playerは、以下のような様々なパラメータをコンフィギュレーションファイルやコマンドラインインターフェイス経由でカスタマイズできます。

  • ・ シミュレーションシステムの範囲で各ノード毎のビューポイント
  • ・ 物理エンジンのサーバーアドレス
  • ・ アプリケーションwindowのディメンション

Vortex Player インターフェイスは、録画再生機能、変更を適用して効果を確認できるコンテンツデバッカ、シミュレーションの最適化のためのアプリケーションランタイム情報など追加の機能も提供されています。