Vortex Simulink


Vortex Simulinkモジュールは、リアルなマルチボディダイナミックスシミュレーションに、既存のSimulinkモデルを埋め込みシミュレーションすることができます。

開発の早い段階でのバーチャルプロトタイピングにVortex Simulinkを使うと、バーチャルな世界でSimulinkで作成したコントローラテストをすることができます。人間工学とシステムの要因を早い段階で理解することで、制御開発の時間を短縮します。
Simulinkで開発されたコントローラで、Vortexのシミュレーションで作成されたロボットは、現実世界とそっくりに動かすことができます。これにより、重要なシステムレベル開発時間を短縮し、ハードウエアの試作費用を節約することができます。

Vortexを走らせている間に、Simulinkの中で埋め込まれたSimulinkモデルのテストと検証を遂行できます。既に知っているテクノロジを使うことで、簡単にVortexと合わせて使うことができます。

Vortex Simulinkでは、次のことができます。

  • Simulink とVortex間送受信するパラメータを選択
  • Simulink内のVortexに接続設定
  • Vortexの入力と出力をSimulink内の他のSimulink blockと接続
  • Vortexシミュレーション内で複数のSimulinkモデルを実行し、Simulink モデルに複数のメカニズムを接続
  • VortexモデルをSimulinkアプリケーション内への埋め込み

以下は、実際のVortexユーザーが使っているVortex Simulinkモジュール機能の例です。

  • Vortexを使って様々なバーチャルプロトタイプをテストする–実際のプロトタイプを作成するより迅速に経済的に実施できます。
  • Vortexの車両モデルとESC (Electronic Stability Control) のSimulink モデルを統合シミュレーション
  • Vortexシミュレーションに SimulinkのROVロジックシステムを組込み