Vortex Studioソフトウェアパッケージ構成


Vortex Studioは、そのソフトウェアパッケージが以下の3種類に大別され、Add-OnsとRuntimesは更に2つのパッケージで構成されます。

  • Base Package(上図の緑色の範囲)
    • Vortex Studioを購入する際に最初に選択する基本ライセンス
    • マルチボディダイナミクスエンジンを含むシミュレーション開発サイクルに必要なほぼ全ての機能を提供する以下のツール・モジュールが含まれる
    • 様々なタイプの3Dグラフィックデータのインポートが可能(サポートするデータタイプはここを参照)
  •  Add-Ons(上図のハッチングパターンの範囲)
    • Base Packageの稼働するPCに追加購入して使用する有償オプションライセンス
    • CAD Optimizer Add-on
      • 様々なタイプのCADデータのインポートが可能(サポートするデータタイプはここを参照)
    • Developer Add-on
      • Vortex Studioのクラスライブラリを使用するアプリケーション開発が可能
      • 開発したアプリケーションをLibraries Runtimeが稼働する他のPC上で実行
  • Runtimes(上図のドットパターンの範囲)
    • モデル実行に特化した有償オプションライセンス
    • Player Runtime
      • Vortex Studio Playerのみを実行することが可能
    • Libraries Runtime
      • Developer Add-onに追加購入することでDeveloper Add-onで開発したアプリケーションの実行が可能