Micro-Box 2200

 

ダウンロードデータシート

機能 / 仕様 / サポートIO / デモンストレーション

 

Micro-Box for Rapid Prototyping
ラピッドプロトタイピングシステムを設定する際に、Micro-Boxは、Windows OSのノンリアルタイムモードで動作するMATLAB Simulink, Simulink Real-Time and StateflowなどのMathWorksの標準ツールが稼働するホストコンピュータとつながります。

Micro-Boxは、ユーザアプリケーションのターゲットPCとなります。Micro-Boxは、リアルタイムカーネルを利用し、リアルタイムのマルチタスクOS上で稼働します。

Simulink Real-Timeで提供されるI/OブロックとSimulinkを使って、ホストPC上でアプリケーションを構築します。

Simulink Coder(旧Real-Time Workshop)でコード生成し、Cコードモジュールとその他の静的なCモジュールとDLLとのリンクkをコンパイル。Simulink Real-Timeは、そのDLLをSimulink Real-Timeのカーネルの特定のターゲットアプリケーションに変換し、Micro-BoxのターゲットPC上にダウンロードします。

Micro-Boxは、機能的なラピトプロトタイピング、オンターゲットのラピトプロトタイピング、またはhardware-in-the-loop テスト用に使うための設定ができます。

Demo 1- 回転型倒立振子正業
* System requirements
– MATLAB, Simulink, Simulink 3D Animation, MATLAB Coder, Simulink Coder, Simulink Real Time
– Micro-Box 2200
– DC motor driver circuit and control plant* (EMECS)

**MATLAB、Simulink、Simulink Real-Time、Simulink Coder、Stateflowは、MathWorks社の商標または登録商標です。Micro-BoxとEMECSは、TeraSoft、Incの商標または登録商標です。その他すべてのマークはそれぞれ各所有者に帰属します。

Copyright(c) 2012 TechShare Inc. All Rights Reserved.