Archive 10月 2012

xPC Target対応リアルタイムシステム及び実験プラントシステム販売開始のお知らせ

xPC Target対応リアルタイムシステムおよび実験プラントシステム販売開始のお知らせ

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、米国MathWorks社のxPC Tragetに対応したリアルタイムシステム「Micro-Box」および実験プラントシステムの「Electro-Mechanical Engingeering System」(以下EMECS)及び「IT-Robot」の販売を開始したことをお知らせいたします。

Micro-Boxは、MathWorks社のDistributorでもある台湾のTeraSoft社が開発したリアルタイムシステムで、MATLAB/Simulinkユーザ向けのxPC Targe対応のリアルタイムハードウェアです。倒立振子や6自由度のロボットアーム実験装置など制御系のMATLABユーザがよく行う実験の実験プラントのシステムを拡張オプションとして用意しています。こらの実験プラントは、MATLAB/SimulinkやSimScapeなどMATLABプロダクトファミリーの製品群を使ってモデリングされたモデルやマニュアルにモデリングのチュートリアルも用意されているので、モデリングから実験結果まで、一連の内容がすでに用意されていますので、演習授業のコンテンツの利用も可能です。また、実証済みの環境として、短期間で実験環境を立ち上げることができますので、特に教育機関向けにおすすめのTurnkeyソリューションです。

主な対応可能実験

  • 回転倒立振子実験
  • 速度制御実験
  • 位置制御実験
  • 感触制御(Haptic Control)
  • 6自由度ロボットアーム実験

当社の在籍スタッフの長年のMATLAB/Simulinkの販売サポート・受託開発経験を生かして、MATLAB/Simulinkを利用した基礎教育や研究などで貢献できるよう、今後もこの分野の実験装置や教材のソリューションの製品ライン強化を図っていく方針です。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

 http://techshare.co.jp/xPc-target

TechShareについて
 TechShare株式会社は、科学技術計算分野で多岐にわたるソフトウェア・ハードウエアのソリューションの提供を行っております。自動車、電気機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種向けのソフトウェア、ハードウエア、技術出版、教材および教育サービス、コンサルティング等を提供しております。モデルベース開発他、音響解析、振動解析、機構解析、制御系設計、プラントモデリング、信号処理・画像処理など多様なアプリケーション分野で、様々な顧客ニーズに対応しております。

TechShare株式会社に関する詳しい情報については、下記サイトをご覧ください。
 http://www.techshare.co.jp/
 

MBD Lab及びPhysical Computing Labシリーズの発刊のお知らせ!

MBD Lab及びPhysical Computing Labシリーズの発刊のお知らせ!

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、昨今、自動車業界や組込み分野で話題となっているモデルベース開発を推進するための書籍シリーズ「MBD Labシリーズ」の第一弾として3タイトル、Physical Computing Labシリーズとして1タイトル、合計4タイトルの新刊を2012年11月に発刊することをお知らせいたします。

MBD Labシリーズ

当社では、モデルベース開発の普及とより効率的な利用促進を目指して、様々な教育サービス及び教材製品の開発に取り組んていますが、その一環として、MBD Labの書籍シリーズを発刊する運びとなりました。今回のMBD Labシリーズの第一弾では、自動車業界のモデルベース開発の業界標準化に取組む業界の第一人者に執筆いただいた3タイトルの発刊となります。
この分野の技術書籍としては、非常に希少価値のある産業界から視点で書き下ろされた実践的な内容となっています。大学教官等が執筆した書籍とは、一味違う企業で実際にモデルベース開発を使いこなすことに主眼を置かれたシリーズとなっています。

■ 自動車業界MBD エンジニアのためのSimulink 入門  -4週間で学ぶSimulink 実践トレーニング-
久保 孝行( 著)  
B5変形判 268頁
定価:本体2,700 円( 税別)
ISBN978-4-906864-01-0

■モデルベース開発のための複合物理領域モデリング -なぜ、奇妙なモデルができてしまうのか?-
大畠 明 ( 著)
B5変形判 222頁
定価:本体3,000 円( 税別)
ISBN978-4-906864-02-7

■組込みエンジニアのための状態遷移設計手法 -現場で使える状態遷移図・状態遷移表の記述テクニック-
久保 孝行 ( 著)
B5変形判 196頁
定価:本体2,800 円( 税別)
ISBN978-4-906864-03-4

MBD Labシリーズは、2012年10月30日に開催されるMATLAB Expo 2012の会場内での特別先行販売を皮切りに、11月1日より、下記の理工学書の専門コーナーを持つ大手書店で平積みの特別先行販売を実施する予定です。

<特別先行販売実施書店>

紀伊國屋書店(本店、新宿南口)、丸善(丸の内本店、日本橋)、ジュンク堂書店(池袋本店、三宮店)、リブロ(池袋本店)、
 八重洲ブックセンター(本店)、書泉グランデ(神田)、書泉ブックタワー(秋葉原)、有隣堂(ヨドバシAKIBA店)、三省堂(名古屋高島屋店)、
 精文館(豊橋本店)、大学生協主要店(東大(本郷)、東工大(大岡山)、名古屋大(フロンテ)、名古屋工大)

Amazon.co.jp及びその他書店での販売は、11月19日以降に開始される予定です。

Physical Computing Labシリーズ

当社では、Physical Computingを使った技術教育を推進しておりますが、この第一弾の書籍として、オープンソースハードウェアの
Arduinoのマイコンボードを使った制御系設計の入門書となる「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」の書籍を2012年11月30日で発刊します。

■Arduino とMATLAB で制御系設計をはじめよう!
平田 光男 (著)
B5変形判 234頁
定価:本体2,400 円( 税別)
ISBN978-4-906864-00-3

当社では、著者である宇都宮大学の平田光男准教授と共同プロジェクトで、本書籍で使われる制御系設計の実験装置をオープンソースハードウエアであるArudinoのマイコンとその他の汎用部材を使って1万円前後の安価で購入できる実験キットを開発しています。読者の方々が、単なる読みものとしてだけでなく、実際に体験できる書籍としてご利用いただけるように、この書籍の発刊と合わせて、この実験キットの発売も開始する予定です。
11月30日以降に、全国の取扱い書店で販売されます。

各書籍の詳細については、下記のWebサイトをご参照ください。

http://techshare.co.jp/publishing

TechShareについて
  TechShare株式会社は、科学技術計算分野で多岐にわたるソフトウェア・ハードウエアのソリューションの提供を行っております。自動車、電気機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種向けのソフトウェア、ハードウエア、技術出版、教材および教育サービス、コンサルティング等を提供しております。モデルベース開発他、音響解析、振動解析、機構解析、制御系設計、プラントモデリング、信号処理・画像処理など多様なアプリケーション分野で、様々な顧客ニーズに対応しております。


TechShareホームページ: http://www.techshare.co.jp/

【本件に関する問い合わせ先】
TechShare株式会社 広報担当:重光
電話番号:03-5683-7293
Email:info@techshare.co.jp

 

BeagleBoard-xM及びBeagleBone製品の代理店販売のお知らせ

低価格マイコンボードのBeagleBoard-xM及びBeagleBone製品の代理販売開始のお知らせ

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、BeagleBoard-xM、BeagleBone及びBeagleBone Cape製品を正規代理店(Distirbutor)として、2012年10月23日より販売開始したことをお知らせいたします。

詳細URL:http://techshare.co.jp/beagleboard

【BeagleBoardについて】
BeagleBoard-xM及びBeagleBoneは、BragleBoard.orgが開発したオープンソースハードウェアで、ARM Cortex A8を搭載したLinuxやAndroidでも利用可能な高性能で小型のシングルボードコンピュータです。当社は、BeagleBoard.orgの正規代理店に加わり、このハードウェアの普及に貢献していくことになりました。

当社で取り扱う製品は、BeagleBoard-xM、BeagleBoneに加え、この秋から続々とリリースが始まっておりますCapeと呼ばれるBeagleBone用の拡張ボード製品も販売してまいります。これらのCapeのリリースで、BeagleBoneを使ったPhysical Computing環境利用の利便性が格段に上がり、企業の製品試作等での利用の可能性が広がってきています。

また、BeagleBoard-xMについては、技術教育分野で広く使われているシングルボードコンピュータで、米国MathWorks社のMATLAB/Simulinkでも Run on Target Hardwareの機能でサポートされるハードウェアです。MATLAB/Simulinkを使った信号処理や画像処理のアプリケーションを実装するプラットフォームとして、技術教育の場面でのより一層の利用が期待されています。

当社は、Arduino、BeagleBoardなどのフィジカルコンピューティング用のオープンソースハードウェアの製品ラインを今後も拡充し、周辺製品などの品ぞろえの拡充でより快適にフィジカルコンピューティングができる環境構築に貢献していく方針です。

BeagleBoard-xM, BeagleBone, BeagleBone Capesの詳細につきましては、BealgeBoard.orgのホームページをご覧ください。

TechShare公式ページ:http://beagleboard.org/
BeagleBoard公式ページ:http://techshare.co.jp/beagleboard

 TechShareについて
 TechShare株式会社は、科学技術計算分野で多岐にわたるソフトウェア・ハードウエアのソリューションの提供を行っております。自動車、電気機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種向けのソフトウェア、ハードウエア、技術出版、教材および教育サービス、コンサルティング等を提供しております。モデルベース開発他、音響解析、振動解析、機構解析、制御系設計、プラントモデリング、信号処理・画像処理など多様なアプリケーション分野で、様々な顧客ニーズに対応しております。

TechShare株式会社に関する詳しい情報については、下記サイトをご覧ください。
 http://www.techshare.co.jp/