2月, 2017年

マルチボディダイナミックスソフトウェア Vortex Studio リリースのお知らせ

2017-02-20

 

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、カナダのCM Labs Simulation社のマルチボディダイナミックスシミュレーションソフトウェアVortex(ボルテックス)の最新バージョンVortex Studioの国内出荷を開始したことをお知らせいたします。

Vortexは、物理計算エンジンで動くマルチボディダイナミックスのシミュレーションとビジュアライゼーションのプラットファームソフトウエアで、建設機械、海洋作業船、港湾のクレーン、海中作業船、宇宙探査用のロボット他の広汎な特殊車両や作業機器及びロボット開発用のエンジニアリングシミュレーションやオペレータートレーニング用のシュミレータ開発ツールとして、幅広く利用されているソフトウエアです。

今回リリースされたVortex Studioの特徴は、従来からのメカニカルダイナミクスエンジンと直感的なデスクトップ環境を統合した次世代のビジュアリゼーション システムと拡張性のあるソフトウエア開発キットからなります。

これによりサードパーティ製のハードウェアおよびソフトウェアとのインターフェイスを簡単に拡張できる統合されたシミュレーション作成および配布プラットフォームをユーザーに提供します。 これは、メカトロニクスシステム仮想プロトタイピングと同様、ユーザーが効率的に陸上車両、重機、海上および海中の作業機器のオペレータトレーニング用の没入型マルチディスプレイの精密なシミュレーションシステムを作成するのに役立ちます。

また、今回リリースのVortex Studioは、Essentials、Professional、Team, Academicの用途に応じた4種類のEditionがリリースされます。特にビギナー用に一部機能の限定はありますが主要なコアツールを含むEssential Editionが無償でダウンロードできるようになります。利用用途は、商用、非商用を含み利用可能で、利用可能期間の限定もありませんので、業務でもご利用いただけます。
このEssential Editionは、独自のトレーニング用シミュレーターやバーチャルプロトタイピングを望んでいる方々全てに、プロレベルのツール群とマルチダイナミックスシミュレーション環境を提供するものです。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。 http://techshare.co.jp/vortex/c/index.html 

CM Labs Simulation 社について

社名:CM Labs Simulation Inc.

所在地:モントリオール市、カナダ

設立:2001年

CM Labs Simulation社は2001年にカナダのモントリオールに設立された物理シュミレーションエンジンとバーチャルリアリティ環境を開発する企業です。主に、建設機械、海洋作業船、港湾のクレーン、海中作業船、宇宙探査用のロボット他の広汎な特殊車両や作業機器及びロボットなどの特殊機器の分野にフォーカスしたマルティボディダイナミックスシミュレーションのソフトウエアVortexとそのターンキーソリューションとなるオペレータートレーニング用シュミレーターのハードウエアの提供を行っています。

CM Labs Simulation社は、FMC Schilling Robotics, iRobot, Honda Research, L-3, Lockheed Martin, NASA, Carnegie Mellon University他をはじめ100社を超える大手有名企業がクライアントとなっています。

また、CM Labs Simulation社は、2015年のDeloitte のNorth American Technology Fast 500™ にランキングされる急成長企業です。

CM Labs Simulation社ホームページ:http://www.cm-labs.com/

 

TechShareについて

社名:TechShare株式会社

住所:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル6F

設立:2012年1月

資本金:2,000万円

代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、自動車、電気機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種向けのシミュレーションソフトウェアおよびハードウエアの販売、e-ラーニング、実験教材、技術書籍などの技術教材および研修サービスの提供、受託開発や技術コンサルティングなどのエンジニアリングサービスを提供しております。モデルベース開発、マルチボディダイナミックスの他、音響解析、振動解析、機構解析、制御系設計、プラントモデリング、信号処理・画像処理など多様なアプリケーション分野で、様々な顧客ニーズに対応しております。

TechShareホームページ: http://www.techshare.co.jp/

【本件に関する問い合わせ先】 TechShare株式会社 広報担当:亘

電話番号:03-5683-7293 Email:info@techshare.co.jp

Copyright(c) 2012 TechShare Inc. All Rights Reserved.