ASUS Tinker Board User Conference 2019

ASUS Tinker Board User Conference 2019

 

<開催イベントの概要>

イベント名:   ASUS Tinker Board User Conference 2019 

       AI・IoT開発を加速するTinker Board最新ソリューション

日時   : 2019年10月29日(火)13:00~17:30(予定)

会場   : 秋葉原UDX Next 2 (4F)

定員   : 120名(予定)

参加費  : 無料

主催   : TechShare株式会社、ASUS Japan

協力企業  :   Google、 アヴネット株式会社、株式会社MTMシステムズ、

       オムロン株式会社、株式会社Candy Line、株式会社Keigan

       株式会社センチュリーアークス、株式会社ソフィックス、 

       ソフィアプランニング株式会社

協力販売店: 共立電子産業株式会社株式会社千石電商ツクモ(ロボット王国)

       マルツエレック株式会社

 

参加登録 : 下記の参加登録フォームから、お申込みください。

 

※上記ボタンでフォームへ移動できない場合には、こらちのURL(https://www.physical-computing.jp/form/5)でフォームを開いてください。

 

1)講演セッション 13:00-16:30 (予定)

<第1部:AIプロセッサ搭載の最新Tinker Board製品>

❏ Introduction

      TechShare株式会社 代表取締役 重光 貴明

❏ ASUS TINKER EDGEの紹介:組込みアプリケーションのケーススタディ

    Leslie Yu, Senior Director of Software Development, ASUSTeK Computer Inc.

  ※英語講演 

新製品ASUS TINKER EDGEシリーズの紹介とともに、組込向けのビジネスソリューションを説明します。ASUS TINKER EDGEシリーズは、ニューラルネットワークプロセッサを搭載した超小型フォームファクターのシングルボードコンピューターです。AIベースの垂直型アプリケーションのエッジでの機械学習推論を高速化します。ASUS TINKER EDGEシリーズは、ユーザーの素晴らしいアイデアをローカルAIで実現します。

 

❏ Machine learning applications moving towards local/Edge inference needs(Tentative)

Ajay Nair, Product Management Lead, Edge TPU, Google

  ※英語講演 

This session will talk about how and why Machine learning applications are moving towards local / Edge inference needs;

what the new requirements are and how the industry is evolving to address the needs from key vertical markets. 

❏ Tinker Boardの安定稼働のためのTips
  TechShare株式会社 シニアマネージャー 大坪 基秀
Tinker BoardやBoard Boardなどの最新のSingle Board Computerは、その性能の高性能化に伴いボードの発熱の問題や大容量の電源を必要としたり、電源スイッチやクロックなど低価格のための省略された部分があるなど、産業用途で安定的・継続的に利用するには様々な課題があります。当社のTinker Boardのサポート経験の蓄積から、Tinker Boardを安定運用させるためのキーアイテムやノウハウをご紹介し、Tinker Boardを快適に利用するためのヒントをご紹介いたします。
   

<第2部:Tinker BoardのFA活用>  

❏ 古い機械・メーターをIoT化「SOFIXCAN Ω Eye」
  低コスト・機械の改造レスでIoTを実現
  株式会社ソフィックス IoT事業開発部 大木宏志  

古い機械・メーターをカメラで撮影し、画像認識技術によりデータ化、サーバーに蓄積する製品です。今までデータ取りを諦めていた古い機械やメーターのログを取ることができます。データ化できるアイテムは「ランプ」「文字」「アナログメーター」「デジタルメーター」の4種類。付属の認識設定ツールを使用して、ユーザー自身が認識個所の設定をすることができます。

❏  Tinker Board S と Node-RED で KeiganMotor を簡単制御
   株式会社Keigan 取締役 原田 博
プロトタイピングフレームワーク Node-RED を使って、KeiganMotor を Tinker Board S から実際に動作させます。
❏ Tinker Boardによるロボットアーム制御(仮)
   株式会社 MTMシステムズ 
 Tinker BoardなどのコンパクトなLinuxのSingle Board Computerをロボットアームコントローラとして利用は、FAの分野などを中心にあります。DOBOT MagicianのロボットアームをTinker Boardで利用する事例を紹介する。
<第3部:Tinker Boardによる製品開発> 
❏ セキュリティ関連(ビル入退室管理システム)での運用について
   Tinker Boardの優位性及び開発の苦労話や今後の展望
       株式会社 アクトプロダクツ 技術部 尾形 窓哉

ビル入退室管理システムの中で、主に非接触型ICカードをかざして扉の開閉を行う部分の基板を開発・製造しています。従来基板にはマイコンを使用してプログラムはCを使用しておりましたが、この度客先より、「pythonで組む事」との要望があり、SBCを採用する事になりました。結果、客先の検査も通り、実際に名古屋のビルで運用しておりますが、それまでの取り組みや今後の課題をお話いたします。

❏ オープンプラットフォーム PaPeRo(PaPeRo i )のSBCを利用したアプリケーション開発について
  ソフィアプランニング株式会社 代表取締役 岡部 忠明

NECプラットフォームズが提供しているロボット型の商品PaPeRo i はRaラズパイやTinker BoardなどSBCを追加して機能拡張することができます。当社はSBCを利用した機能拡張やアプリ開発の方法を専用サイトで公開し、パートナー間でのノウハウ共有を推進しています。

 

❏ 様々な用途に活用できるTinker Board対応の最新カメラモジュール製品
  TechShare株式会社 技術顧問 野村 哲哉

超小型・超広角187度のTinker Board対応のカメラモジュール、グローバルシャッターのカメラモジュールなどTinker Board対応の最新カメラモジュールの紹介とその活用アプリケーションなどをご紹介していきます。

<参考:昨年のコンファレンスび様子>

昨年開催したTinker Board User Conference 2018の開催報告は、下記よりご参照ください。

 

2)ユーザ交流会 16:30-17:30(予定)

講演セッション終了後、会場内の製品展示スペースで、簡単な軽食とドリンクで、講演者、展示パートナーと参加者間の情報交換をしていただくための交流会を開催を予定しております。ご参加いただきましたユーザの皆様、講演者、製品展示企業の方々の情報交換の場としてご活用いただけば幸いです。。

 

 

 

3)製品・ソリューション展示 12:30-17:30(予定)

 

  

講演セッション前後や休憩時間中に、Tinker Board関連の最新製品やソリューションをご覧になれる製品・ソリューションの展示コーナーをご用意しています。講演内容のデモ機器やその他関連ソリューションなど幅広い情報提供が展示されていますので、ぜひご活用ください。

 

❑ ASUS/TechShare株式会社

□ Tinker Edge R/T最新情報
 AIプロセッサが搭載されたTinker Boardシリーズの最新ボードTinker Edge T及びTinker Edge Rの最新情報を紹介します。 
□ Tinker Board/Tinker Board S及び産業用に使えるCompact Tinker Box
 Tinker Board及びTinker Board Sで利用できるー及びThird Party製のケース、電源、Industry Micro SDカードなどの必須アクセサリーや対応するタッチスクリーン、
e-paperなど各種製品のご紹介します。
□ Tinker Board用最新カメラモジュール
 超小型・超広角187度Tinker Board用カメラもジール、グローバルシャッターカメラモジュールなど、定番のカメラから用途別に使える最新の
 Tinker Board対応カメラモジュールまで、幅広くご紹介します。
□ Tinker Board対応の深度センサーXtion 2
 Trinker boardによるXtion 2の利用例とTinker Board用ステレオビジョンHatなどの最新の3Dビジョン製品のデモンストレーションを展示させていただきます。
❏ アヴネット株式会社
  □ Tinker Board 検証済み産業用Micro SD Card
Tinker BoardのようなSingle Board Computerを産業用途で使う場合には、書き込み回数などの耐久性の保証、民生品のMicro SDカードでは頻繁に変わってしまうチップやファームウエアをBOM固定している産業用Micro SDカードが必須です。特に電源のOn/OffスイッチのないSingle Board Computerでは瞬断対応機能も必須です。Tinker Boardに最適なMicron製の産業用Micro SDカードをご紹介します。

❑ 株式会社ソフィックス

 □ 旧式の機会や装置をIoT化する操作パネル画像認識システムSOFIXCAN Ω Eye(仮)

旧式の機会や装置をIoT化するアナログIoTというコンセプトで開発した「操作パネル画像認識システム」SOFIXCAN Ω Eye。旧式機械を工場ネットワークに接続し、稼働監視を可能にします。

 

❏ オムロン株式会社

  センサ評価ボード(仮)

 

 

❏ 株式会社Keigan

  Tinker Boardから手軽に使えるKeigan Motor

 

 

 

 

 

❑ 株式会社MTMシステムズ

TinkerBoard制御のDOBOTによるワーク整列システム

Magicianによるワークの整列システムです。本システムでは入力要求に従ってワークをピッキングして別のトレーに整列して並び替えるもので、DOBOTによる軽作業代替の一例として展示します。

❑ 株式会社 CANDY LINE

ASUS Tinker BoardとCANDY LINE製品で実現するIoTゲートウェイ&クラウド開発環境

ASUS Tinker Boardと3G/4G LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」でIoTゲートウェイを用意します。Node-REDベースのソフトウェア「CANDY RED」を使用して振動検出やセンサーネットワークのデモを行います。クラウド環境には自社サービス「CANDY EGG」を使用します。
❑ 株式会社センチュリーアークス

12MP AF&OIS カメラモジュール「CA378-AOIS」活用ソリューション

弊社は、12MP AF&OIS カメラモジュール「CA378-AOIS」及び各種SBCPCとのI/F基板を製造販売しております。現在、RaspberryPiJetson TX2(Jetpack3.2)とのカメラ接続環境を販売しておりますが、新たに Tinker BoardJetson nanoJetson TX2(Jetpack4.2)PC(windows)のカメラモジュールI/F基板と接続評価用ソフトウェアの提供を開始いたしました。従来環境に比べカメラ性能を引き出す画像出力を実現できるため、低コストで高精度画像解析、AIDeeplearning等への活用が期待できます。 本展示では、CA378-AOISと各SBCへの接続環境デモと共に、顔認証システム及びサーモIRカメラ等のカメラ活用試作機を展示いたします。

 

 <Tinker Boardパートナー募集>

TechShareでは、Tinker Boardを活用できる製品やソリューション、サービスを提供するビジネスパートナーを広く募集しています。本イベント等の製品展示や講演などのコレボレーションの他、弊社Webストアでの製品販売など、様々な活動でTinker Board関連の製品・ソリューションの普及活動に取り組んでおります。本イベントの展示参加やパートナーシップに興味のある方は、Physical Computing Week事務局まで、お問い合わせください。

 

 <Tinker Boardユーザ事例>

TechShareでは、Tinker Boardを活用した製品開発やアプリケーション事例をを広く募集しています。本イベントへの製品・ソリューション・サービスの展示参加等を希望する方は、Physical Computing Week事務局までお問い合わせください。

 

<Physical Computing Week 2019 カンファレンス一覧>

(注1)上記のイベント内容、講演内容、展示内容は、主催

者、協力企業及び講演者の都合により、通知なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

(注2) 上記のスケジュールは、主催者の都合により通知なく変更となることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

TechShare株式会社
Physical Computing Week事務局
〒135-0016 東京都江東区東陽5-28-6 TSビル
TEL:03-5683-7293
Email: pcw@techshare.co.jp

Comments are closed