Assembling the pan/tilt Mechanismの組立て

 

事前準備

 

事前準備として、カメラ部分とPan/Tilte部分のパーツを混ぜないように、キットの内容物を確認してください。

■Pixy CUMcam5の内容物

 

 

■Pan/Tilt Mechnismの内容物

 


 

■注意:キットに入っているネジの種類

■必要な工具

下記の工具が必要となりますので、組立作業を始める前に準備してください。

    小さいドライバー          ラジオペンチ            ニッパー
   

 

組立て手順の概要

 

下記の7つのステップで、Pan/Titl Mechnismの組立とカメラ部分への取り付けを行い

画像認識追従カメラを完成させます。

 

1)サーボ①にホーンを取り付ける

2)台座①にサーボ①を取付ける

3)台座①にサーボ②を取付ける。

4)台座①とカメラを接続する。(関節部分の組立て)

5)ケーブルをまとめる(台座①にケーブルをまとめてつける)

6)台座②の準備

7)関節の可動部のサーボへの連結

 

 

1)サーボ①にホーンを取り付ける

1. 1方向にホーンが出ている長いサーボホーン(白いパーツ)を見つけて、写真のように端から3番目の穴のところで切断します。

2. 切断したサーボホーンをサーボモータに一旦取り付けます。 取り付けたら、左右に可動範囲限界に動かしてみてホーンを左右の可動範囲が均等になるセンターの位置を確認します。

 

3.センターの位置が確認できたら、ホーンをセンター位置で写真のように下向きの方向になるように合わせて取付けてください。位置の調節が完了したらサーボとホーンをネジで固定します。

 

2)台座①にサーボ①を取付ける

4. パンチルトのボディ(2つあるアクリルパーツのうち小さいパーツ)の保護シールをはがします。.

5.パンチルトのボディにあるスロットサーボのマウントタブを合わせます。

6. ボディのケーブル用のスロットにケーブルを通して、写真のようにケーブルタイケーブルを通します。

7. 、もう一本のケーブルも同様にボディを通して、ケーブルタイでとめます。

8. 両方のケーブルをラジオペンチでしっかりと締めつけたらてください。

 

3)台座①にサーボ②を取付ける。

 

9. 2つめのサーボを取り、ボディのもう一つの穴にはめます。(注) サーボのケーブルの方向は、最初に取り付けたサーボと反対の方向になります。


10. 4-40の長さのネジ(long 4-40 fasteners.)を2つ取り、2つ目のサーボをボディに取り付けます。

 

4)台座①とカメラを接続する。(関節部分の組立て)

 

11. 銀色のL字金具が5つありますので、穴の形状を確認してください。そのうち3つには小さい2つのがあり、残りの2つは、小さい穴が1つと大きい穴が1つ空いています。

これらの部品をここではそれぞれ「2小穴L字金具」と「1小穴L字金具」と呼びます。今後の作業が簡単に進められるように、この2種類のL字金具を2つに分けておきます。

2小穴L字金具を取りよく見ると、1つの足が反対の足より、微妙に長いことに気づくと思います。8.9mmと9.2mmとかなり微妙な違いですが、L字金具の穴をならべて見ることで、

この違いを確認することができます。

 

(写真追加要)

 

2つの穴のうち、一つがその足のセンターにあり、もう一つの穴はセンターではなく、少しだけ足が長くなっています。2つのネジ(long 4-40 fasteners)を取って、写真のように2穴ブランケットをボディに取り付けてください。 短い足をボディに付け、長い足が上を向いて立ち上がった形で取り付けます。


できたら、一旦、横に置いて次の組立作業に進みます。

12. Pixyのカメラ部分と1小穴L字金具を取り、下の写真のように取付ます。 2つの短いネジ(short 4-40 fasteners)を使って1小穴L字金具をとめます。

13. ナイロンブラッシングを1小穴L字金具の大きい方の穴に押し込んでください。

14. 写真のように、短いネジ( long 4-40 fasteners)を外側から通して、PIXyのカメラとボディをL字金具で連結してください。

2か所に ネジを通し締めると上下にカメラが稼働する関節部分ができます。上下に2~3回動かしてみて、スムーズに動くように

調節してください。

 

5)ケーブルをまとめる(台座①にケーブルをまとめてつける)

 

15. Plug in the servo wires into the servo connector on Pixy. (The servo connector is the little 6-pin connector labeled J3.) The pan axis goes on the left and the tilt axis goes on the right, and the yellow wires on both connectors face up. (Which is the tilt axis? It's the one with the servo horn.)

16. Use a cable tie to secure the wires to the body as shown. String the cable tie through the single slot in the body and around the outside. Do not tighten the cable tie fully yet.

17. Use the slots on the other side of the body to thread another cable tie and secure the wires on the other side as shown. The wires are longer than they need to be, so it requires some artistic arranging. Do not tighten this cable tie fully either.

18. Verify that there is enough slack in the cables to allow Pixy to tilt fully forward and backward.


19. When you're happy with the cable situation, make the ties snug, but not too tight (to save the wires) then flip over the assembly and clip the ends of the cable ties.

 

6)台座②の準備

20. Remove the paper backing from both sides of the pan/tilt base.

21. Grab a circular servo horn from one of the servo baggies and attach it to the pan/tilt base with two short tapping fasteners. (Refer to the fastener picture above.) The servo horn has lots of holes — rotate the servo horn until the holes on the servo horn line up with the holes in the pan/tilt base.


22. Attach rubber feet to the bottom of the base as shown. There are little holes in the pan/tilt base that are there to help you position the rubber feet.


23. Place the body assembly on the base assembly by attaching the horn to the pan servo. (The pan servo is the servo without the servo horn sticking out of the bottom.) Attach the servo horn such that the center of travel has the wide part of the base facing forward (where the camera lens is pointing). You can do this by moving the horn all the way to the right:

and then all the way to the left:

24. Find one of the servo horn fasteners in one of the servo baggies and attach the base to the body. (Here, the wide part of the base is facing forward, which should be close to the center of travel.)

 

7)関節の可動部のサーボへの連結

 

25. Place a short 4-40 fastener through the eyelet of the wire pushrod and attach it to a two-threaded bracket, but don't tighten fully. The pushrod needs to be able to pivot around the screw. Attach the pushrod and fastener to the longer leg of the bracket.

26. Thread the pushrod into the bottom hole of the tilt servo horn. You need to insert the pushrod past the first bend, so that the section between the bends is in the servo horn hole.

27. Attach the bracket to Pixy with a short 4-40 fastener.

You're done!

What's next? Run the pan/tilt demo!

Copyright(c) 2012 TechShare Inc. All Rights Reserved.