ロボット犬 Unitree A1 2次開発プロジェクト

ロボット犬 Unitree A1 2次開発プロジェクト

TechShareでは、ロボット犬 Unitree A1を人間社会の実業務の担い手として活躍してもらうための2次開発プロジェクトに取り組んでいます。

人間の代わりに様々な作業や業務をしてもらうためには、単に4足歩行で歩けたり、人々を楽しませるだけでなく、様々な技術課題や環境課題をクリアし、実際の作業現場の作業に貢献する必要があります。

たとえば、ロボット犬のUnitree A1は、工場やプラント、地下施設やトンネル、配管施設、工事現場など巡回監視や画像検査業務を人間に代わっておこなたり、遠隔作業として行えるようなことを想定した場合、下記のような様々な課題があります。

 

<現場で利用されるための必要条件>

1)遠隔操作や遠隔管理するための無線アクセス

2)遠隔操作や自律歩行などの技術。

3)ロボットにやさしい作業環境の整備

4)ロボット自体の安全機能や運用方法の開発

 

これらの課題が、現在、作業している人間の代替しても、経済的合理性が確保できている必要がります。

TechShareでは、Unitree A1をプラットフォームとして利用したソリューションを、2~3年後に本格的な現場投入を目指して実証実験などに取り組む企業ユーザ皆様をサポートし、日本の環境に合わせた2次開発をの積極的に活動に取り組んでおります。

現在は、現在は、遠隔操作や遠隔管理のための無線アクセスの環境、Wifiなどを経由した遠隔操作や画像や音声の伝送実験など、遠隔監視や遠隔からの画像検査などのための追加搭載モジュールの開発を含めて積極的に取り組んでいます。