MBD Lab及びPhysical Computing Labシリーズの発刊のお知らせ!

2012-10-29

MBD Lab及びPhysical Computing Labシリーズの発刊のお知らせ!

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、昨今、自動車業界や組込み分野で話題となっているモデルベース開発を推進するための書籍シリーズ「MBD Labシリーズ」の第一弾として3タイトル、Physical Computing Labシリーズとして1タイトル、合計4タイトルの新刊を2012年11月に発刊することをお知らせいたします。

MBD Labシリーズ

当社では、モデルベース開発の普及とより効率的な利用促進を目指して、様々な教育サービス及び教材製品の開発に取り組んていますが、その一環として、MBD Labの書籍シリーズを発刊する運びとなりました。今回のMBD Labシリーズの第一弾では、自動車業界のモデルベース開発の業界標準化に取組む業界の第一人者に執筆いただいた3タイトルの発刊となります。
この分野の技術書籍としては、非常に希少価値のある産業界から視点で書き下ろされた実践的な内容となっています。大学教官等が執筆した書籍とは、一味違う企業で実際にモデルベース開発を使いこなすことに主眼を置かれたシリーズとなっています。

■ 自動車業界MBD エンジニアのためのSimulink 入門  -4週間で学ぶSimulink 実践トレーニング-
久保 孝行( 著)  
B5変形判 268頁
定価:本体2,700 円( 税別)
ISBN978-4-906864-01-0

■モデルベース開発のための複合物理領域モデリング -なぜ、奇妙なモデルができてしまうのか?-
大畠 明 ( 著)
B5変形判 222頁
定価:本体3,000 円( 税別)
ISBN978-4-906864-02-7

■組込みエンジニアのための状態遷移設計手法 -現場で使える状態遷移図・状態遷移表の記述テクニック-
久保 孝行 ( 著)
B5変形判 196頁
定価:本体2,800 円( 税別)
ISBN978-4-906864-03-4

MBD Labシリーズは、2012年10月30日に開催されるMATLAB Expo 2012の会場内での特別先行販売を皮切りに、11月1日より、下記の理工学書の専門コーナーを持つ大手書店で平積みの特別先行販売を実施する予定です。

<特別先行販売実施書店>

紀伊國屋書店(本店、新宿南口)、丸善(丸の内本店、日本橋)、ジュンク堂書店(池袋本店、三宮店)、リブロ(池袋本店)、
 八重洲ブックセンター(本店)、書泉グランデ(神田)、書泉ブックタワー(秋葉原)、有隣堂(ヨドバシAKIBA店)、三省堂(名古屋高島屋店)、
 精文館(豊橋本店)、大学生協主要店(東大(本郷)、東工大(大岡山)、名古屋大(フロンテ)、名古屋工大)

Amazon.co.jp及びその他書店での販売は、11月19日以降に開始される予定です。

Physical Computing Labシリーズ

当社では、Physical Computingを使った技術教育を推進しておりますが、この第一弾の書籍として、オープンソースハードウェアの
Arduinoのマイコンボードを使った制御系設計の入門書となる「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」の書籍を2012年11月30日で発刊します。

■Arduino とMATLAB で制御系設計をはじめよう!
平田 光男 (著)
B5変形判 234頁
定価:本体2,400 円( 税別)
ISBN978-4-906864-00-3

当社では、著者である宇都宮大学の平田光男准教授と共同プロジェクトで、本書籍で使われる制御系設計の実験装置をオープンソースハードウエアであるArudinoのマイコンとその他の汎用部材を使って1万円前後の安価で購入できる実験キットを開発しています。読者の方々が、単なる読みものとしてだけでなく、実際に体験できる書籍としてご利用いただけるように、この書籍の発刊と合わせて、この実験キットの発売も開始する予定です。
11月30日以降に、全国の取扱い書店で販売されます。

各書籍の詳細については、下記のWebサイトをご参照ください。

http://techshare.co.jp/publishing

TechShareについて
  TechShare株式会社は、科学技術計算分野で多岐にわたるソフトウェア・ハードウエアのソリューションの提供を行っております。自動車、電気機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種向けのソフトウェア、ハードウエア、技術出版、教材および教育サービス、コンサルティング等を提供しております。モデルベース開発他、音響解析、振動解析、機構解析、制御系設計、プラントモデリング、信号処理・画像処理など多様なアプリケーション分野で、様々な顧客ニーズに対応しております。


TechShareホームページ: http://www.techshare.co.jp/

【本件に関する問い合わせ先】
TechShare株式会社 広報担当:重光
電話番号:03-5683-7293
Email:info@techshare.co.jp

 

Copyright(c) 2012 TechShare Inc. All Rights Reserved.