IT-Robot


 

ダウンロードデータシート

特長と利点 / 構造 / IT-ロボット制御モデルと制御アーキテクチャ / ソフトウェア要件
 



ITのロボットは、シリアル設計に6-ジョイントを使用しています。ロボットアームのアクチュエータは、ポテンショメータを装備したDCモータで、それに応じて、回転の角度を計算することができます

ITのロボットは、直接位置するように指示するか、目的の座標である、ドライバボックスを介してコントローラマイクロボックスで制御することができます。ドライバボックスは、電源と信号を提供します。RS-232CまたはイーサネットケーブルでMicro-BOXとドライバーボックスをコンピュータとリンクします。

コントローラーの環境は、MATLAB&Simulinkソフトウェアに基づいています。ラピッドプロトタイピングとHILS(Hardware in the loop)のためのリアルタイム環境のMathWorks製品であるxPC Targetと自動Cコード生成技術を使用しています。Simulinkでは、マウスまたはジョイスティックを通して動きのシーケンスをロボットが教えることができます。Micro-BOXの非常に強力な機能は、閉ループプロジェクトのためのロボットの動きに影響を与える外部のデジタルおよびアナログ入力/出力を使用しています。
 

‧ 

   

 

 

 
Detailed Simulink robot arm models, mathematic programs.
Micro-Box which the controller is the standard equipment.
Users can use MATLAB/Simulink and the self created control principles to instruct robot arm to make the expected behaviors easily.
Use RS232 or ethernet to communicate between the Micro-Box and a computer. The Micro-Box is connected to the Driver Box which is connected to the robot arm.


 

 


 

 
Copyright(c) 2012 TechShare Inc. All Rights Reserved.