Category 展示会 イベント

DoVision3 バラ積みボルトピックアップシステム開発パイロットユーザ募集のお知らせ

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、DOBOT Magicianを使ったバラ積みボルトのピックアップシステム開発プロジェクトに参加するパイロットユーザの募集を2019年8月26日から開始したことをお知らせいたします。

 

 

TechShareが開発を進めるシステムは、自社開発のDOBOT Magician用3DロボットビジョンシステムDoVision3を使ってバラ積みされたボルトから、ピックアップするボルトを検知し、1本ずつピックアップするシステムです。

これまで、バラ積みパーツのロボットアームによるピックアップは、高額なロボットビジョンシステムと高額な多関節ロボットを使って行われてきましたが、ボルトなどの低価格の小型パーツの整理作業などでは、コスト構造的に千万円以上する高級なロボットビジョンシステムやロボットアームの投入は難しく、その普及はほとんど進んでいないのが現状です。

 

 

また、技術課題としても、サイズも小さく、その表面にタップが切ってあるボルトやネジに関しては、レーザ計測などでも乱反射がきつく、正確な深度測定が簡単にできないアプリケーションであることも、それを困難にする背景となっています。

TechShareでは、このコスト構造や技術課題に果敢に挑戦し、新しい発想のビジョンシステムと専用エフェクターを開発することで、超低価格で実現するバラ積みボルトのピッキングシステム(特許申請済み)を考案し、その製品化に取り組んでいます。

システムの概要としては、DOBOT Magicianのロボットアーム、自社開発の3Dビジョンシステム DoVision3、バラ積みボルト一本取り専用エフェクター、整列用治具、画像処理及びロボット制御用のコントローラなどで構成されるバラ積みボルトから1本ずつピックアップして整理するシステムです。

 

そのシステムは、超低価格での実現を目指すため、正規代理店として販売するDOBOT Magician(¥139,000-)の4軸ロボットアームを前提として、小型のDOBOT Magician用に最適化した自社開発の3D Visionシステムでターゲットボルトの位置や高さを検知し、アームを誘導し、専用エフェクターでピックアップするシステムで、システムの合計で40~50万円以下の超低コストで販売できるシステムとして製品化を目指しています。

 

今回、TechShareで募集するパイロットユーザは、このシステムの利用に興味があるユーザで、実際に利用を前提とした実証試験やフィールドテストにご協力いただけるパイロットユーザを募集します。

 

募集期間:2019年9月30日まで

募集パイロットユーザ数:最大5社程度(予定)

<主な参加条件>

  • 実際の利用を想定した具体的なワークの提供
  • 想定される利用環境でのフィールドテストの実施と必要機材の購入
  • 実際の利用環境やワークを想定したカスタマイズ費用や導入費用の負担
  • パイロットテスト成果の市販製品への組入れ容認

パイロットユーザのメリットとしては、開発プロジェクトのフィールドテストで、自社の環境での利用のための制約条件などの事前把握、自社の導入課題の解決策を製品版へ盛り込むことができる可能性があること、いち早くこの超低コストソリューションを利用することで、業務改善を早期に進めることができるなどのメリットがあります。本開発プロジェクトのパイロットユーザとしての参加の詳細は、下記の弊社窓口までお問合せください。

 

<お問い合わせ窓口>

TechShare株式会社

Physical Computing事業部 DOBOTチーム

TEL 03-5683-7293

Email:dobot@techshare.co.jp

Web:www.techshare.co.jp/

 

TechShareでは、上記のDoVision3の開発の他、アラウンドビジョン型ロボットビジョンシステムのDoVision2の開発、特殊エフェクターの開発など、DOBOT MagicianをはじめとしたDOBOT 社の主要製品の機能を拡張するDOBOT Plus製品の自社開発に取り組んでいます。今後も、DOBOTユーザのより便利な利用環境の整備を目指して、その環境づくりに貢献していく計画です。

 

DOBOT 社について

社名:Shenzhen Yuejiang Technology Co. Ltd

所在地:Shenzhen市、中国

設立:2015年

DOBOT社は、産業用ロボットアームソリューションのレベルアップと拡張アプリケーションの継続的な開発を目指して、中国のShenzhen市で2015年に設立されたベンチャー企業です。設立当初よりDobot1.0、第二世代のDOBOT Magicianをはじめとしたデスクトップの汎用ロボットアームを開発・製造している技術集団で、その主力製品のDOBOTは、KickStarterでも製造メーカー、研究機関、教育機関、個人と幅広いレンジのセクターから高い評価を受け、グローバル展開する急成長するロボットアームのベンチャー企業です。

Shenzhen Yuejiang Technology社ホームページ:http://dobot.cc/

 

TechShareについて

社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,000万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、シミュレーションソフトウェアとオープンソースハードウェア関連製品の開発・販売と受託開発・技術研修などの技術サービスを提供する企業です。物理シミュレーションや振動解析等のソフトウェア販売事業、Arduino、Raspberry Pi、BeagleBone、Tinker Board、LattePanda等のシングルボードコンピュータ及び量産用カスタムボード等の販売事業、ロボットアームや自律走行ロボットなどのロボット製品販売事業を3つの核として事業展開しています。自動車、建設機械メーカーから、ソフトウェアハウスや開発ベンチャー、官公庁、大学・高専等の教育機関まで、幅広い顧客にサービス提供しています。

オープンソースハードウェア事業関連サイト:http://www.physical-computing.jp/

TechShare公式サイト:http://www.techshare.co.jp/

全国縦断 DOBOT体験ツアー開催のお知らせ

お客様各位

この度、弊社が国内正規代理店として販売するDOBOT社製品を紹介する全国縦断体験デモツアーを下記のスケジュールで開催することをお知らせいたします。

本デモ体験ツアーでは、単なる製品紹介のプレゼンテーションと製品デモンストレーションだけでなく、DOBOT Magicianの操作体験が可能です。DOBOT社の最新製品の動向やDOBOT社製品の操作感を肌で感じられる貴重な機会です。是非、この機会にDOBOT製品を体感してみてください。

 

 

<開催概要>

❑ イベント名:全国縦断デモ体験ツアー

❑ 開催日程:5月31日(金)~6月5日(水)

  • 5月31日(金)13:00~16:00 東京会場 
  • 6月  3日(月)13:00~16:00 名古屋会場
  • 6月  4日(火)13:00~16:00 大阪会場
  • 6月  5日(水)13:00~16:00 広島会場

 

 ※各会場へのアクセスの詳細は、Access Mapをご参照ください。

❑ 参加定員(デモ体験定員):16名

❑ 参加費用:無料

❑ 主催:TechShare株式会社

<デモ体験会の内容(スケジュール)>

  • 12:30                 開場
  • 13:00~13:20    DOBOT製品の概要
  • 13:20-13:50   低価格ソリューションによるSmart Factory

休憩(10分)

  • 14:00~15:30      DOBOT Magician操作体験 
  • 15:30~15:50  デモンストレーション見学 
  • 15:50~16:00  質疑応答

 ※セミナー内容は、通知なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

<各会場で展示予定のデモ>

  • DOBOT M1ピックアンドプレイス
    • 衝突検知と安全停止機能(新機能)
  • DO Vision1 ロボットビジョンエントリーキット
    • カラーディスク追従&キューブのピックアンドプレイス
  • DO Vision 2 アランドビジョン アームナビゲーションシステム
    • コンベアベルト/スライダーレール
  • DO Vision 3 3Dロボットビジョン アームナビゲーションシステム
    • 複合ワークのピックアンドプレイスデモ

 

  • 新製品紹介(予定)※2
    • AI-Starter
    • Arduino Artificial Intelligent Kit

   ※1.展示デモ内容は、通知なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

   ※2.新製品紹介は、メーカーのリリーススケジュール等の変更で、紹介内容が変更される

     ことがありますので、あらかじめご了承ください。

<参加申込>

上記のデモ体験ツアーの参加申込方法は、下記のWebサイトで必要事項を入力の上、送信してください。

         

   参加申込フォームhttps://www.physical-computing.jp/form/2

 

ご不明な点などは、下記までお問合せください。

 

<お問合せ先>

TechShare株式会社
Physical Computing事業部 DOBOTチーム
TEL 03-5683-7293
Email: dobot@techshare.co.jp

http://www.physical-computing.jp/

 

 

 

DOBOT Magicianロボット競技会参加者募集開始のお知らせ

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、国内正規代理店として販売するDOBOT Magicianのロボット競技会World Robot Conference(WRC) – Intelligent Manufacturing Challenge日本大会の開催と参加者募集を2019年3月8日付で開始したことをお知らせいたします。

 

WRC- Intelligent Manufacturing Challengeは、毎年北京で開催されるWorld Robot Conferenceの中で行われるロボット競技会の1つで、DOBOT Magicianの開発元のDOBOT社(Shenzhen Yuejiang Technology Co., Ltd)がこのWRCの名誉パートナーを務めるロボット競技会です。WRCのロボット競技会には、世界各国から10,000チーム以上5万人以上のエンジニアや研究者、そしてエンジニアの卵が参加します。

TechShareでは、2019年8月に行われる北京での本大会に参加するチームを選出することを前提に、第1回WRC Intelligent Manufacturing Challenge日本大会を開催することとなったものです。

 

開催スケジュールの概要

2019年3月23日(土) トレーニング戦(練習試合)

2019年6月22日(土) 第1回WRC-Intelligent Manufacturing Challenge日本大会(東京)

2019年8月中旬     世界大会(北京)

今回、募集を開始したのは、下記のトレーニング戦と日本大会の参加希望チームです。

第1回 トレーニング戦(練習試合)の概要

  日程:2019年3月23日(土)

  場所:江東区文化センター会議室

  競技内容:材料の運搬・不良品等分別・保管エリアでの積載作業

  競技ルール:下記のWRC-Intelligent Manufacturing Challengeサイト参照。

第1回 WRC-Intelligent Manufacturing Challenge日本大会の概要

  日程:2019年6月22日(土)

  場所:東京都内(詳細未定)

  主催:TechShare株式会社、DOBOT社

  参加募集クラス:大学・高専クラス及び高校生クラス

  世界大会への選出枠:優勝及び準優勝(2チーム)

  参加者募集期間:2019年5月10日まで

     ※想定以上のチームの申し込みがある場合、参加申込受付を打ち切ることがあります。

 <WRC-Intelligent Manufacturing Challengeの詳細情報>

  WRC-Intelligent Manufacturing Challenge日本大会の詳細情報及び参加申込みは、

  下記のサイトをご参照ください。

     https://www.physical-computing.jp/page/79

また、TechShareでは、本参加者募集開始に伴いこのロボット競技会に必要な機器を、参加者限定の特別価格で提供するWRC限定DOBOT特別キットの販売を開始します。

<WRC限定DOBOT特別キットの概要>

 販売対象:WRC競技会参加チーム限定

 1) WRC用ベースキット(クラス共通)¥268,000円(定価の約20%OFF)

     

 2) Arduino&カメラキット(大学・高専クラス用オプション)

   □  Pixy版                           ¥12,800円(定価の約20%OFF)

   □  Pixy2版                         ¥12,800円(定価の約20%OFF)

   □  Open MV版                  ¥12,800円(定価の約20%OFF) ※2019年4月リリース予定。

     

 

  3) WRC競技用フィールド

   □  大学・高専クラス用     ¥9,800円

   □  高校生クラス用       ¥9,800円

      

WRC限定DOBOT特別キットは、TechShareの通販サイト「Physical Computing Lab」で購入できます。

 <Physical Computing Labサイト>

    https://www.physical-computing.jp/

TechShareの代表取締役 重光貴明は、下記の通り述べています。「世界的な競合の中で、日本の技術力のアドバンテージが大きく縮小してしまった現状の中、日本の若いエンジニアの卵たちが世界のロボット競技会に参加できる機会をTechShareで提供することができることに大きな意義を感じています。日本の若い世代のエンジニアが、世界的な技術革新のスピード感をもっと肌で体感し、世界のエンジニアと対等に戦える若い日本のエンジニアが育つことを期待しています。」

TechShareでは、今後も、DOBOT社と協力して、日本及び世界各国でのロボット競技会や技術情報交換のイベントなど活動を通して、日本のDOBOTユーのよりよい利用環境の整備に貢献していく予定です。

DOBOT 社について

社名:Shenzhen Yuejiang Technology Co. Ltd

所在地:Shenzhen市、中国

設立:2015年

 

DOBOT社は、産業用ロボットアームソリューションのレベルアップと拡張アプリケーションの継続的な開発を目指して、中国のShenzhen市で2015年に設立されたベンチャー企業です。設立当初よりDobot1.0、第二世代のDOBOT Magicianをはじめとしたデスクトップの汎用ロボットアームを開発・製造している技術集団で、その主力製品のDOBOTは、KickStarterでも製造メーカー、研究機関、教育機関、個人と幅広いレンジのセクターから高い評価を受け、グローバル展開する急成長するロボットアームのベンチャー企業です。

Shenzhen Yuejiang Technology社ホームページ:http://dobot.cc/

TechShareについて
社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,000万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、「テクノロジーをもっと身近に」を合言葉に、技術普及に貢献することを目的に生まれた会社です。現在は、シングルボードコンピュータ事業、センシングデバイス事業、ロボット事業、ソフトウエア事業の4つの事業を核に、ハードウエア製品・ソフトウエア製品の販売、カスタマイゼーション、受託開発、教育サービス提供など幅広い事業形態で展開している企業です。自動車、電機、建設機械メーカーから、ソフトハウスや開発ベンチャー、官公庁、大学・高専等の教育機関まで、幅広い顧客に製品とサービス提供しています。

オープンソースハードウエア事業関連サイト:http://www.physical-computing.jp/

TechShare公式サイト: http://www.techshare.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
TechShare株式会社 マーケティングチーム

電話番号:03-5683-7293
Email:info@techshare.co.jp

World Robot Summit 出展のお知らせ(DOBOT製品)

お客様各位

TechShareでは、2018年10月17日~21日まで東京ビッグサイトで開催されるWorld Robot Summit(WRS)に出展し、DOBOT Magicianの最新製品を紹介する予定です。

WRC2018の概要

日時:2018年10月17日(水)~21日(日)

会場:東京ビッグサイト 東6ホール      

小間番号:World Robot Expo E-01

日時:2018年10月17日(水)~21日(日)

※2018年10月17~19日の3日間は、Japan Robot Week同時開催されています。

 

主な展示製品

1)DOBOT Magicianマイクロ生産ライン

2)DOBOT M1

3)DOBOT Magican用ビジョンシステムソリューション

4)DOBOT Mooz

5)DOBOT Regiet

 

セミナー概要

タイトル:TechShareが提案する新しいスマートファクトリーへのアプローチ

日時:2018年10月18日11:30~12:10

会場:セミナー会場D(Japan Robot Week)

概要:DOBOT MagicianやRaspberry Piなどを利用した小規模投資によるボトムアップ型の工場設備スマート化を提案し、小型ロボットア-ムの活用例を紹介する。

その他DOBOT製品を利用した最新ソリューションを数多くご紹介いたしますので、是非、お立ち寄りください。

 

<お問合せ先>

TechShare株式会社

Physical Computing事業部

TEL 03-5683-7293

Email:dobot@techshare.co.jp

第36回日本ロボット学会 学術講演会 機器展示のお知らせ

お客様各位

この度、弊社は、2018年9月5日~9/8日まで開催されます第36回日本ロボット学会 学術講演会の機器展示に下記の通り出展させていただくこととなりました。

第36回日本ロボット学会 学術講演会

期間:2018年9月5日(水)~9月7日(金)

会場:中部大学 春日井キャンパス

展示内容:

  1)ロボットアーム DOBOT Magician

Dobot社の提供する、デスクトップ型汎用ロボットアーム、Dobot Magician(ドゥーボット マジシャン)をご紹介いたします。従来型のロボットアームとの違いは、専用コントローラを必要とせず、PCやRaspberry Piなどでコントロールが可能で、ダイレクトティーチやビジュアルプログラミング、またCやPythonなど様々な言語の利用ができます。また、自由に利用できる外部IOポートにより、独自の電子回路やシステムと連携することが可能です。様々なアプリケーションに対応するDobot Magicianの柔軟性と拡張性について紹介いたします。

  2)マルチボディダイナミクスソフトウエア Vortex  Studio

CM Labs Simulations社の提供する、リアルタイムマルチボディダイナミクスシミュレーションソフトウェア、Vortex Studioをご紹介します。Vortex Studioは、インタラクティブなリアルタイムマルティボディダイナミクスソフトウェアで、一般的な解析機能にフォーカスしたノンリアルタイムのマルチボディダイナミクスツールとは異なり、リアルタイムでインタラクティブな人間の操作入力を必要とするシミュレーションに特化した物理シミュレーションのツールです。

Vortex Studioは、建設機械、港湾クレーン、特殊な陸上車両、海洋・深海作業船、遠隔操作ロボット等の機器開発と開発された機器のオペレータ訓練用のシミュレータ開発に於いて、幅広く使われています。

第36回日本ロボット学会 学術講演会にご参加の際は、ぜひ弊社ブースまでお立ち寄りください。

———————————————–
TechShare株式会社
Marketing Communication担当
TEL 03-5683-7293
Email:info@techshare.co.jp