DOBOT Magician 学校や企業での利用について

DOBOT Magicianは、3000以上の学校や企業で利用されています。

 

 

 

 

 

 

 

Higher Education  高等教育

K 12 Schools

Businesses and Startups 企業とスタートアップ

 

 

Higher Education    高等教育

 Tsinghua University    清華大学        中国

清華大学はDOBOT社と提携し、DOBOT Magicianが操作のメインプラットフォームとして機能するコントロールエンジニアリングラボを立ち上げようと努めています。ロボットにはカメラ、スタンドおよびその他の援助装置が装備されています。このシステムを通して、学生たちは習得したいプログラミング言語を学習でき、ロボットビジョンやロボットの仕組みを学べるだけでなく、学んだことを実践的に体験することができます。更に、マルチロボットコラボレーション、作業空間干渉、ロボットビジョンアプリケーションなどにも挑戦し、研究開発を進めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

University of Oxford   オックスフォード大学       イギリス

オックスフォード大学に所属しているアジット・ジャオカール教授と彼のチームは、IoTのための、データサイエンスの新しい授業にDOBOT Magicianを取り入れています。この授業の目的は、IoTとAIを組み合わせて、人間が直面している問題を解決できるような人材を育成することです。アジット教授はロンドンにもAIラボを設立し、ロボットアームを使用した特定のロボット工学とAIディープラーニング技術を研究しています。この授業を履修している生徒は、DOBOT Magicianを使用し、神経言語プログラミング(NLP)、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)、強化学習(RL)などのロボット工学とディープラーニングを探求できる機会があります。

 

 

 

 

 

 

Carnegie Mellon University   カーネギーメロン大学    アメリカ合衆国

カーネギーメロン大学のロボティクス研究所に所属する4名の学生は、家庭の中という設定でDOBOT Magicianを使用して、一般化を改善し、データセットのバイアスを減らすように努めています。まず、モバイルベース、カメラ、グリッパー、スタビライザーでロボットを組み立てます。その後、変換されたロボットを使用して、トレーニング用に6つの家、テスト用に3つの家で記録されたデータを収集します。これらのデータは騒音を考慮する建築的枠組みを提示します。この研究は、最終的に家庭で使用することが目標である場合、家庭で収集されたデータを使用してモデルを訓練することが重要であることを示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cornell University    コーネル大学      アメリカ合衆国

コーネル大学は、Collective Embodied Intelligence LabにDOBOT Magicianのセットを取り入れています。研究には、単一ロボットシステムではできないような複雑な行動を達成できる大型ロボット集団の設計と調整、また、集団生活をする昆虫が自然の中でどのような行動をとるかについての研究が含まれています。主な研究テーマには、群知能、具現化された知性、自律的な構築、バイオサイバー物理システム、人と群れの相互作用、ソフトロボットなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

University of California, Davis    カリフォルニア大学デイビス校   アメリカ合衆国

UC デイビス大学の複数の学生は、DOBOT Magicianを液体ハンドリングロボットに変え、医療ラボの研究者がロボットを使用して微量の医療サンプルを処理する効率を向上させる方法を研究しています。ロボットにグラバーを取り付け、液体容器と空気圧ドライブをつかませ、接触インターフェースを介してマイクロ流体キャップに電力を供給します。また、I/O拡張座標を使用し、移動、キャッチアンドリリースとディスペンス、マシンビジョンを同期し、QRコードを使用してターゲット試薬でコンテナを特定し、見つけ出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Massachusetts Institute of Technology   マサチューセッツ工科大学(MIT)      アメリカ合衆国

マサチューセッツ工科大学の工学部の学生は、DOBOT M1を使用して創造的なプロジェクトを開発し、MIT最大のキャリアフェア&テックエキスポであるMIT xFair 2019で展示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

University of West Florida     ウェストフロリダ大学       アメリカ合衆国

ウェストフロリダ大学のMミザノール・ラーマン博士は、DOBOT Magicianを使用して、機械工学の概念を教える2つの異なる方法を比較します。1つはDOBOT Magicianを使用したデモンストレーション、もう1つは伝統的な教室でのデモンストレーションです。比較の結果、ロボットベースの教育が通常の教育よりも良い結果を生み出していることが分かりました。また、学生とロボットの相互作用も満足のいくものであると見なされました。

 

 

 

 

 

 

 

Pennsylvania State University    ペンシルベニア州立大学      アメリカ合衆国

ペンシルベニア州立大学のロバート・L・アヴァンザート教授は、DOBOT Magicianを使用して、MATLABインターフェイスとROSサービスが実験室での多関節ロボットマニピュレータとコンベアベルトを制御する方法を評価しています。このプロジェクトでは、MATLAB/ROSインタフェースの開発と、上級レベルのロボット工学コースにおける低コストロボットアーム(Dobot Magician)の教育リソースについて説明しています。トピックは、MATLABとROSの基本的なインターフェースサービス、ピックアンドプレース操作、コンベアベルトとIRセンサーの制御、およびオブジェクトの色のソートと形状検出のためのコンピュータビジョン(コンベアベルトの欠陥部品の拒絶)を含んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

Swiss Federal Institute of Technology Zurich   スイス連邦工科大学チューリッヒ     スイス

ETHチューリッヒの研究者は、DOBOT Magicianを使用してノータッチロボットソリューションを開発しています。このソリューションは、時計製造業界や半導体業界における繊細で小さなコンポーネントをつかむという課題に取り組むものです。音響グリッパーがあれば高価で高精度のグリッパーは必要ありません。

 

 

 

 

 

 

 

Polytechnic University of Madrid    マドリード工科大学     スペイン

高等技術学校の工学と工業デザインは、電子デジタル計装電子コースにDOBOT Magicianを10セット組み込んでいます。このコースでは、DOBOTロボットにArduinoとMATLABを組み合わせて、学生にエレクトロニクスとロボット工学を教えています。このコースは、合計75のレッスンを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sabancı University    サバンジュ大学    トルコ

サバンジュ大学情報センターの「コラボレーション・スペース」には、複数のDOBOT Magicianが設置されています。コラボレーションスペースでは、プログラミング、ロボット工学、バーチャルリアリティ、Arduino /Raspberry Pi、写真、3Dモデリング、3Dプリンタを扱っています。また、メーカー文化に関するイベントやセミナーがあり、現在はサバンジュ大学の学生やコミュニティ、さまざまな分野の学者の専門家に開放されています。

 

 

 

 

 

 

Chalmers University of Technology        チャルマース工科大学        スウェーデン

スウェーデンのヨーテボリにあるチャルマース工科大学の学生は、DOBOT Magicianの2セットを使用して2つの低コストオートメーションデモを構築し、VolvoトラックABの簡単な組立ステーションを5000ユーロ以下で作成する可能性を調査しています。

 

 

 

 

 

 

 

Häme University of Applied Sciences    応用科学のハメ大学     フィンランド

ハメ大学は、2019年からプログラミング学習や二次開発研究にDOBOT Magicianやその他のキットを使用しています。モデリング、書き込み制御、計画ソフトウェアを通じて、学生はロボットが特定のタスクを実行するようにプログラムし、ロボット工学とその制御システム、オペレーティングソフトウェア、独立したプログラミングおよび開発能力に関する理解を深めます。

 

 

 

 

 

 

 

Summa College  スンマ大学     オランダ

ヨルグ・デュイツマン教授は、ロボット工学コースに20セットのDOBOT Magicianと2セットのDOBOT M1を取り入れています。ヨルグ氏は合計25の4つのクラスを持っています。彼のコースを通じて、学生は、Blocklyでのプログラミングとティーチアンドプレイ教育と遊びの方法、プログラミングを通じてDOBOT Magicianを制御する方法、異なるシステムPLC / Arduino / Raspberry PiをDOBOTと組み合わせる方法、現実世界でロボットを適用する方法とロボットに異なるセンサーを使用し、必要なものを把握する方法を学びます。

 

 

 

 

 

 

Vocational High School of Computer Programming & Innovations   コンピュータプログラミング・イノベーション専門学校     ブルガリア

ブルガリアにあるコンピュータプログラミングとイノベーションの専門高校のプログラミングコースには、DOBOT Magicianが選ばれています。学校は15歳以上の生徒に5年間の研修を提供します。DOBOT Magicianの助けを借りて、学生はプログラミング言語C、C ++、JavaScript、C#などを学びます。目標は、ハードウェア設計、クラウド技術、ロボット工学、人工知能、サイバーセキュリティに関する特定のスキルを学生に提供することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Alba Innovár Digital Experience Center   アルバイノヴァールデジタル体験センター   ポルトガル

アルバ・イノバーは、DOBOT Magicianと周辺キットのセットを使用して、5,000人の学生のためのロボット設計、プログラミング、自動化コースを実施しています。学校はまた、高度な資格を持つ専門家を訓練するためのトレーニングプログラムを実施しています。インストラクターはDobot Magicianロボットを高く評価し、実際の産業環境を示し、実際の産業ロボットがコストをかけずにどのように機能するかをシミュレートするロボットの能力を賞賛しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

University of Technology Sydney  シドニー工科大学    オーストラリア

20セットのDOBOT Magicianは、シドニー工科大学機械・メカトロニクス工学部で授業と課題に使用されています。学生は、産業用ロボットのマニピュレータのポーズ、運動学、および制御の表現について理解を深める必要があります。 彼らは、ロボットによって実行される、または実行される可能性のあるさまざまなロボット操作タスクについて学ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

 


Busan Institute of Science and Technology  釜山科学技術大学     韓国

釜山科学技術大学のプログラミング、電子、ロボット工学のコース講義には、10セットのDOBOT Magicianが使用されています。2人の学生が1台のロボットを共有し、様々なインターフェースとコーディング言語を通じてAI教育とロボット工学の理解を向上させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang  モンクット王の工科大学ラドクラバン     タイ

モンクット王工科大学のラドクラバンには、20セットのDOBOT Magicianと14セットのDobot M1を取り入れ、ロボット工学、PLC、自動化、LabView、その他の人工知能とロボット工学の科目をAdvanced Manufacturing Innovation Instituteで教育・研究しています。目標は、プロのロボット工学の人材を訓練するためのオールインワン学習プラットフォームを提供することです。

 

 

 

 

 

 

 

University of Malaysia, Sarawak    マレーシア大学サラワク校       マレーシア

マレーシア・サラワク大学(UNIMAS)は、デジタルエコノミーハブ(サラワク)Sdn Bhd(DEH)と手を組み、DOBOT Magicianを使用してロボット工学と自動化認定プログラムを実施しています。このパートナーシップにより、UNIMASの学生は、DOBOT Magicianで実際の製造シナリオのシミュレーションを構築し、産業オートメーションとAI技術を直接体験する機会を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

Harbin Institute of Technology   ハルビン工科大学     中国

中国のMITとしても知られるDOBOTとハルビン工科大学(HIT)は、ハルビン工科大学機械工学自動化学部の学生のためのインテリジェント知覚制御研究所を建設するために協力しています。ラボで数十台のDOBOT Magicianを使用することで、学生はロボット工学や高度なプログラミングを学ぶだけでなく、実際の生活からインスピレーションを引き出し、独自のプロジェクトを設計することができます。

 

 

 

 

 

 

 

National United University   国立連合大学    台湾

国立連合大学は、ロボットビジョンと産業アプリケーションの研究・学習のためにDOBOT M1を使用しています。講師は、ソフトウェアプログラミングとハードウェア拡張を使用して、ロボットアプリケーションのシナリオを開発します。このアプローチは、学生が主題の理解を深めて、彼らの専門的能力を高め、革新的な科学的研究を行うのに役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K12 Schools

 The High School Affliated to Shangdong University   中東大学付属高校   中国

新東大学付属高校は、人工知能ラボを建設するためにDOBOTと提携しています。このラボには、DOBOTロボットアーム、アクセサリーパッケージ、AI-Stater車両、コンペティションセット、トレーニングセットが含まれており、すべてAIの教育と実験のために設計されています。情報技術カリキュラムの「データとコンピュータ」と「情報システム」を組み合わせることで、ロボット工学のハードウェアとソフトウェアの制御、マシンビジョン、グラフィカルプログラミングを介して注入されたオプションコースと課外コースを学生に提供しています。このラボは、学生の実践的な能力、創造性、問題解決スキルの開発を支援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dayton Elementary School  デイトン小学校    アメリカ合衆国

インディアナ州デイトン小学校には、デザインとイノベーションスタジオにDOBOT Magicianを導入しています。IN-MaC、STEM教育事業所、Purdue大学ポリテクニック研究所とのパートナーシップの一環として、スタジオは学生にAI技術の実践的な経験を与えることを目指しています。ロボット工学、コーディング、エンジニアリングを通じて、研究室の学生はデザイン思考、問題解決、創造性を学び、将来の労働力に適用できる雇用可能性スキルを身に付けています。製造業のリーダーになる資格を持つ労働者が不足している中、このラボは学生が幼い頃からキャリアパスを探求するのにも役立ちます。パートナーはまた、インディアナ州の自動車のスバルやインディアナ州のホンダ製造など、インディアナ州周辺の大規模な製造工場で同様のAI&STEM学習ラボを開発しており、学生は製造における現在のイノベーターと直接協力し、スキルを磨くことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copley High School  コプリー高校    アメリカ合衆国

オハイオ州にあるコプリー高校のエンジニアリング&テクノロジー部門の責任者であるカービー・ハーダーは、エンジニアリングクラスにDOBOT Magician、コンベアベルト、スライダーレールなどを使用しています。このコースには、学生のための3つの異なるエンジニアリングクラスが含まれています。生徒は1日1時間、週5日の授業を受けます。ハーダー氏は、DOBOT Magicianを使って2020年のナショナル・ロボティクス・チャレンジに工学部の学生を出場させる予定です。彼らはロボティクスチャレンジの製造作業セル部分を行うことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

Quakertown Community High School    クエーカータウンコミュニティ高校   アメリカ合衆国

ペンシルベニア州クエーカータウンコミュニティ高校のコンピュータ統合製造(CIM)クラスには、複数のDOBOT Magicianのセットが使用されています。CIM教師のポーク氏は、DOBOT MagicianとVEXロボティクスを使用して、実際の単語シナリオのシミュレーションでミニ自動組み立てラインを構築するように生徒を指導しています。このコースは学年全体を運営し、問題解決、チームワーク、批判的思考など、今日の雇用主が求めているスキルの多くを学生に提供することを目指しています。

 

 

 

 

 

 

Cazenovia High School   カゼノビア高校    アメリカ合衆国

2017〜2018年度から、ニューヨーク州カゼノビア高校のコンピューター統合生産(CIM)クラスに、DOBOT Magician 12セット、コンベアベルト 2セット、ビジョンキット 2セット、スライダーレール 2セットが導入されています。 CIMインストラクターのクリス・ハード氏によると、教室にデスクトップロボットを導入すると、彼の生徒たちは高度なロボット工学の概念と応用をこれまで以上に速く、良く学んでいるとのことです。

 

Barren County High School   バレン郡高校     アメリカ合衆国

ケンタッキー州のバレン郡高校は、2018年からBarren County イノベーションゾーンでDOBOT Magicianを使用しています。Barren County イノベーションゾーンは、高校とエリアテクノロジーセンターで提供されるハイブリッドプログラミングを補完するために作られました。イノベーションゾーンは、エンジニアリング&デザインと情報技術/コンピュータサイエンスのクラスの学生のためのキャリア探索とトレーニングを提供しています。これらのプログラムは、学生の興味とケンタッキー州の将来の優先セクターに焦点を当てています。

 

 

 

 

 

 

 

Årstad High School  オルスタッド高校     ノルウェー

16セットのDOBOT Magicianは、ノルウェーのオルスタッド高校のプログラミング、エレクトロニクス、ロボティクスコースで使用されています。このコースは、16~20歳の生徒を対象としており、1年間、週に4回の授業を開講しています。1つのクラスには20~25人の学生が集まり、2人の学生が1つのロボットを共有しています。

 

 

 

 

 

 

 

Tallinn Secondary School of Science  タリン中学校    エストニア

Tallinn Secondary School of Scienceは、2019年からイノベーションラボでDOBOT Magicianを使用しています。この研究室は、問い合わせベースの学習と実践的な課題を通じて学生のエンジニアリング能力を育成し、Tallinnの他の教育機関にこれらの革新的な教育ツールと工学方法を試す機会を提供することを目的としています。この研究室は、タリン中等教育学校やタリンの他の学校で7歳から12歳までの生徒を対象としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Institut 4.0 Training School  4.0トレーニングスクール       スロベニア

Institut 4.0 Training Schoolは、ロボット工学とIndustry4.0のための基本的なコースを開発するためにDOBOT Magicianを使用しています。このコースは10-12歳の学生を対象としています。インストラクターは学生に現代の製造作業を見せるため、ロボットとコンベアベルトを使用してIndustry4.0組み立てラインを構築します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IES Eduardo Merello High School    IES エドゥアルド メレロ高校   スペイン

DOBOT Magicianは、2019-2020年度からIES エドゥアルド メレロ高校のGM電気機械メンテナンスプロジェクトコースの一部に使用されています。DOBOT Magicianは、学生が機械工学の理論や概念を超えてより良い学びを支援するために導入されています。

 

 

 

 

 

 

 

Qatar Science & Technology Secondary School for Boys  カタール科学技術男子中等学校    カタール

AI教育に基づいた統合教育アプローチを採用している政府の専門科学学校であるカタール科学技術男子中等学校のロボティクスラボには、多くのDOBOT Magicianが導入されています。このラボでは、学生が批判的思考と問題解決能力を伸ばす機会を提供しています。

 

GEMS Dubai American Academy  ジェムズ ドバイ アメリカン アカデミー   ドバイ

GEMS Dubai American Academyは、人工知能とロボット工学のための新しいCenter of ExcellenceにDOBOT Magicianを導入しています。Center of Excellenceは、AIとロボット工学の教育と研究を促進することを目的としています。 AIとロボット工学技術を使用して、学術界の知的エネルギーを活用する独自の機能により、企業と教育者の間のギャップを埋めます。

 

 

 

 

 

 

Saint Edward's Catholic Primary School   セントエドワードカトリック小学校       香港

Saint Edward's Catholic Primary Schoolは、新しいカリキュラムとDOBOT Magicianを組み合わせ、他の科目と合体させます。ロボットアームの仕組みを学ぶだけでなく、AIとは何か、AIが将来にとって何を意味するのかを幅広く理解することができます。校長のFeng Lirong氏は、「小学校の早い段階でロボットアームなどの専門機器を導入することは少し早すぎるように思うかもしれませんが、目標は、ロボットアームに焦点を当てるだけでなく、他の機器との組み合わせに焦点を当てて、学生が現実世界の環境でAIがどのように機能するかを学ぶことである」と発言しています。

 

 

 

 

 

 

 

United World College of South East Asia   ユナイテッド・ワールド・カレッジ・オブ・東南アジア  シンガポール

United World College of South East AsiaのIDEASハブは、STEAM教育プロジェクトにDOBOT Magicianを導入しています。学生はBlocklyを使用してDobot Magicianをプログラムする方法と、パッケージング、パレタイジング、ピック&プレースなどの指定されたタスクを実行するようにロボットにプログラムする方法を学びます。これらのタスクと実践的な経験を通じて、学生は産業オートメーションと産業におけるロボット工学の役割をよりよく理解することができます。

 

 

 

 

 

 

 

Businesses and Startups 企業とスタートアップ

 Volkswagen   フォルクスワーゲン    ドイツ

Volkswagenは、Hanover Exhibition Center (パビリオン36)の中央に位置するデジタル化キャンパスにDOBOT Magicianを複数導入しています。DOBOT Magicianを使用して、1/18スケールで自動生産のシミュレーションを構築します。このキャンパスでは、自動車製造業の就職に関心のある研修生、見習い、若い学生のためのトレーニングを提供しています。PLCプログラミング、試運転、ドライブ(FU、サーボ、ステッピングモーター)、3D設計、植物の視覚化、小型ロボットや産業HRCロボットのプログラミング、3D印刷、センサー技術/センサーネットワーク、中央システム監視、小型コンピュータのプログラミング(Raspberry PiとArduino)とエレクトロニクス(小型コンピュータに接続したアナログ回路+デジタルアセンブリ)を体験できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Honda Manufacturing of Indiana    インディアナ州ホンダ製造   アメリカ合衆国

Honda Manufacturing of India (HMIN)は、インディアナ州次世代製造競争力センター(IN-MaC)およびPurdue大学と提携し、HMINドライブ・ドリームス・パスウェイ(HDDP)IN-MaCデザイン・イノベーション・スタジオを立ち上げました。このスタジオは、地元の中高生がデザイン思考、問題解決、テクノロジー、創造的なスキルを探求する新しい方法を発見する機会を提供します。学生はロボット工学、高度な製造、コーディング、エンジニアリングなどを直接経験することができます。このスタジオは、AIやSTEM科目、製造業でのキャリアへに興味を持つ学生に開放されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Subaru of Indiana Automotive    スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ    アメリカ合衆国

Indiana AutomotiveのSubaruは、インディアナ州次世代製造競争力センター(IN-MaC)およびPurdue大学と提携し、In-MaC STEMラーニング&ディスカバリー研究所を立ち上げました。スタジオは、彼らのインディアナ州の新しいイニシアチブである「The Rebound Indiana」への応答の一部です。このラボは、DOBOTロボットや3Dプリンタなどの実践的な学習体験技術を提供し、需要の高い製造業への関心を高めることを目的としています。ラボは、2018年10月12日のオープン以来、インディアナ州19郡とイリノイ州1郡の2,000人以上の学生にサービスを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

MotorCortex AI     モーターコルテックスAI      アメリカ合衆国

スタンフォード大学の工学教授とロボット研究家であるカーネギーメロンが率いる人工知能スタートアップMotorCortex AIは、コンピュータビジョン、機械学習、DOBOT Magicianを組み合わせて包装ライン用のフルーツパッカーを作成します。MotorCortex AIは、人件費を5倍に引き下げることで、労働課題に取り組んでいます。同時に、彼らはスループットを倍増し、このフルーツピッキング施設に10倍のブーストを与えます。

 

 

 

 

 

 

 

Yummy Future        ヤミーフューチャー     アメリカ合衆国

Illinois大学Urbana-Champaign校出身の二人の若者はYummy Futureという自動カフェを設立しました。カフェは、DOBOT Magicianエスプレッソ機械とガラスに包まれたロボットアームを備えた車輪付きの白いキューブです。カフェは1日100〜200杯を提供することができ、学校の生徒や教師が愛用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Other Cases その他のケース

Barboza Space Center   Barboza 宇宙センター        アメリカ合衆国

科学と工学のプロトタイピング会社であるBarboza宇宙センターは、2018年から火星学習アドベンチャープログラムにDOBOT Magicianを導入しています。このプログラムは、航空および航空宇宙業界でのキャリアを追求するジュニア宇宙飛行士、科学者、エンジニアを訓練し、AIとSTEAMD ++プロジェクトベースの学習を研究できるように設計されています。このプログラムでは、学生はインターンや「Tiger team」のメンバーとしてSTEAMD ++のトピックを学習します。彼らは、シミュレートされた火星、地球の生息地、ロボット、衛星を構築し、科学実験を作成し、2020年の火星学習冒険宇宙科学と航空プログラムのための宇宙数学の学習材料を開発しています。

 

 

 

 

 

 

Mobile STEAM Classroom   モバイルSTEAM教室      アメリカ合衆国

インディアナ州にあるLaPorte Country公共図書館は、ロックダウン中にSTEAM機器にアクセスすることができない地元の学生のためにモバイルSTEAM教室を立ち上げました。図書館は学生に実践的な教育を提供することを目指していて、報告書によると、地元の学校や企業と提携しているとのことです。

 

 

 

 

 

 

Frankfurt Public Library   ドイツの公共図書館 (フランクフルト)     ドイツ

DOBOT Magicianは、2019年8月上旬に「ロボット侵略」を開始するためにフランクフルトの公共図書館に移動されました。ロボットは、訪問者(特に若い世代の人)が実際に触り、さまざまな機能を試せるように1年間ディスプレイされています。図書館のデジタルサービスチームの責任者であるエルフリーデ・ルートヴィヒ氏によると、「DOBOT Magicianは若者たちに、ロボットが業界でどのような役割を果たしているかを教えてくれている」とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<DOBOT社公式サイト>
https://www.dobot.cc/

 

<お問合せ先>

        TechShare株式会社 Physical Computing事業部

   DOBOTチーム  

    〒135-0016 東京都江東区東陽5-28-6 TSビル  

    TEL 03-5683-7293     Email:dobot@techshare.co.jp

 

 

DOBOT Homeへ戻る