Category News

Vortex Studio 2018bリリースのお知らせ

 

お客様各位

 

この度、TechShare株式会社が販売するマルチボディダイナミクスシミュレーションソフトウェアであるVortex Studioについて、最新バージョンの2018bがリリースされたことをお知らせ致します。

 

この新バージョンは、ダイナミクス計算の性能や精度を向上させる改善が多数盛り込まれています。

以下は、2018bで採用された代表的な新機能です。これら新機能の詳細は、ここの”Vortex Studio 2018b”を参照下さい。

  • Selective Wake Upのサポート
  • Relative Sleepingのサポート
  • DEMシミュレーション時の極小粒子径のサポート
  • Vegetation Windのサポート

Vortex Studio 2018bの新機能をより詳しく知りたい方は、毎週開催しているVortex Studio製品紹介Webinarにご参加下さい。この製品紹介Webinarでは、Vortex Studioの稼働するPCを使用したデモンストレーションにより、以上の新機能を含めたVortex Studioの機能をわかりやすく解説します。
製品紹介Webinarの詳細は、ここを参照下さい。

第36回日本ロボット学会 学術講演会 機器展示のお知らせ

お客様各位

この度、弊社は、2018年9月5日~9/8日まで開催されます第36回日本ロボット学会 学術講演会の機器展示に下記の通り出展させていただくこととなりました。

第36回日本ロボット学会 学術講演会

期間:2018年9月5日(水)~9月7日(金)

会場:中部大学 春日井キャンパス

展示内容:

  1)ロボットアーム DOBOT Magician

Dobot社の提供する、デスクトップ型汎用ロボットアーム、Dobot Magician(ドゥーボット マジシャン)をご紹介いたします。従来型のロボットアームとの違いは、専用コントローラを必要とせず、PCやRaspberry Piなどでコントロールが可能で、ダイレクトティーチやビジュアルプログラミング、またCやPythonなど様々な言語の利用ができます。また、自由に利用できる外部IOポートにより、独自の電子回路やシステムと連携することが可能です。様々なアプリケーションに対応するDobot Magicianの柔軟性と拡張性について紹介いたします。

  2)マルチボディダイナミクスソフトウエア Vortex  Studio

CM Labs Simulations社の提供する、リアルタイムマルチボディダイナミクスシミュレーションソフトウェア、Vortex Studioをご紹介します。Vortex Studioは、インタラクティブなリアルタイムマルティボディダイナミクスソフトウェアで、一般的な解析機能にフォーカスしたノンリアルタイムのマルチボディダイナミクスツールとは異なり、リアルタイムでインタラクティブな人間の操作入力を必要とするシミュレーションに特化した物理シミュレーションのツールです。

Vortex Studioは、建設機械、港湾クレーン、特殊な陸上車両、海洋・深海作業船、遠隔操作ロボット等の機器開発と開発された機器のオペレータ訓練用のシミュレータ開発に於いて、幅広く使われています。

第36回日本ロボット学会 学術講演会にご参加の際は、ぜひ弊社ブースまでお立ち寄りください。

———————————————–
TechShare株式会社
Marketing Communication担当
TEL 03-5683-7293
Email:info@techshare.co.jp

 

ロボティクス・メカトロニクス講演会 機器展示出展のお知らせ

お客様各位

この度、弊社は、2018年6月2日(土)~5日(火)北九州国際コンベンションゾーンで開催されますロボティクス・メカトロニクス講演会に機器展示で出展することとなりました。

【会場概要】

日時:2018年6月4日(月)~5日(火)

会場:北九州国際コンベンションゾーン

   〒802-0001北九州市小倉北区浅野地区

弊社ブース:西日本総合展示場 新館 (ブース番号:48)

【展示内容】

1) デスクトップ型汎用ロボットアーム DOBOT Magician

Dobot社の提供する、デスクトップ型汎用ロボットアーム、Dobot Magician(ドゥーボット マジシャン)をご紹介いたします。従来型のロボットアームとの違いは、専用コントローラを必要とせず、PCやRaspberry Piなどでコントロールが可能で、ダイレクトティーチやビジュアルプログラミング、またCやPythonなど様々な言語の利用ができます。また、自由に利用できる外部IOポートにより、独自の電子回路やシステムと連携することが可能です。様々なアプリケーションに対応するDobot Magicianの柔軟性と拡張性について紹介いたします。

Dobot Magicianに関する詳しい情報は以下サイトをご覧ください。

https://www.physical-computing.jp/page/14

2)マルチボディダイナミクスソフトウエア Vortex Studio

CM Labs Simulations社の提供する、リアルタイムマルチボディダイナミクスシミュレーションソフトウェア、Vortex Studioをご紹介します。Vortex Studioは、インタラクティブなリアルタイムマルティボディダイナミクスソフトウェアで、一般的な解析機能にフォーカスしたノンリアルタイムのマルチボディダイナミクスツールとは異なり、リアルタイムでインタラクティブな人間の操作入力を必要とするシミュレーションに特化した物理シミュレーションのツールです。

Vortex Studioは、建設機械、港湾クレーン、特殊な陸上車両、海洋・深海作業船、遠隔操作ロボット等の機器開発と開発された機器のオペレータ訓練用のシミュレータ開発に於いて、幅広く使われています。

Vortexの詳細は下記をご覧ください。

http://techshare.co.jp/vortex/

ロボティクス・メカトロニクス講演会にご参加の際は、ぜひ弊社ブースまでお立ち寄りください。

———————————————–
TechShare株式会社
Marketing Communication担当
TEL 03-5683-7293
Email:info@techshare.co.jp

 

 

 

Vortex Studio 2018aリリースのお知らせ

お客様各位

 

この度、TechShare株式会社が販売するマルチボディダイナミクスシミュレーションソフトウェアであるVortex Studioについて、最新バージョンの2018aがリリースされたことをお知らせ致します。

この新バージョンは、これまではPythonスクリプトを作成して対応する必要があった複雑な機能を、パラメータ設定だけで実現出来るExtensionを新たに多数用意しており、モデル開発効率の向上に大きく寄与します。

以下は、2018aで採用された代表的な新機能です。これら新機能の詳細は、ここの”Vortex Studio 2018a”を参照下さい。

  • Hook and Loopのサポート
  • BSpline Animationのサポート
  • Joystick Controlled Pointのサポート
  • ケーブルシミュレーションに於ける接触点計算アルゴリズムの改善

Vortex Studio 2018aの新機能をより詳しく知りたい方は、毎月開催しているVortex Studio製品紹介セミナーにご参加下さい。この製品紹介セミナーでは、Vortex Studioの稼働するPCを使用したデモンストレーションにより、以上の新機能を含めたVortex Studioの機能をわかりやすく解説します。
製品紹介セミナーの詳細は、ここを参照下さい。

 

以上

IREX 2017 国際ロボット展出展のお知らせ

お客様各位

 

この度、弊社は2017年11月29日~12月2日開催されるIREX 2017 国際ロボット展に

DOBOT社(Shenzhen Yuejiang Technology社)と共同で出展させていただくこととなりました。

 

出展内容

  • DOBOT Magician
  • DOBOT M1
  • DOBOT Mooz

 

IREX2017にご来場の際には、是非、お立ち寄りください。

 

—————————————

TechShare株式会社

オープンソースハードウエア事業部