新型電動4足歩行ロボット Unitree B2 国内販売開始のお知らせ

新型電動4足歩行ロボット Unitree B2 国内販売開始のお知らせ

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2,725万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、Unitree社(HangZhou YuShu Technology Co. Ltd)の最新電動4足歩行ロボットUnitree B2の予約販売を2023年12月6日付で開始したことをお知らせします。

 

今回、TechShareが予約販売を開始したUnitree B2は、昨年にリリースしたUnitree B1の後継機となる産業用途向けの大型電動4足歩行ロボットの最新機種となります。

電動4足歩行ロボットは、従来人間が行っていた巡回監視業務や計測業務の自動化のため、自律走行や遠隔操作、遠隔カメラによる監視や画像検査などの様々な実証実験が行われていますが、これらの業務を自動化するには、電動4足歩行ロボットの歩行性能・安定性の改善、バッテリー駆動時間・連続歩行能力の改善、耐環境性の改善が必要であり、多くのユーザから兼ねてからこの改善を期待されていました。Unitree社の最新機種のUnitree B2では、こられの性能が大幅に改善され、業界最高峰の性能を実現しています。

Unitree B2の主な仕様は下記の通りです。

<Unitree B2 の主なスペック>

本体サイズ           :約110cm x45cm x 64.5cm(立脚時)
重量                         :約60kg(バッテリー重量を含む)
最大走行速度          :約21.6km/h(6m/s) ※市販製品ではリミッター搭載予定。
段差乗越え能力(階段)     :40cm
階段連続歩行能力              :全方位の歩行、階段上での旋回、20-25cmの階段歩行
最大登坂角度                :45°
連続歩行距離                :20km以上(20kg貨物搭載時:15km以上)
バッテリー駆動時間       :約4-6時間
可搬重量          :40 kg(歩行時) ※立脚時は120 kg
防塵・防滴仕様                   :IP67(完全防水)
動作温度                            :-20°C~55°C
搭載センサー      :
    ・3D LiDAR(32line、FoV:70°)x1
    ・深度センサー x 2
    ・広角カメラ x 2

Unitree B2では、ロボット本体の歩行性能の向上、連続歩行時間・バッテリー駆動時間のアップ、積載可能重量の改善、環境性能の改善など幅広く様々な改良がされていますが、特に下記の点で大幅な性能改善を実現しています。

<主な改良点>

  • 20cmから40cmに改良された業界最高峰の段差乗越え能力
  • 前後左右を含む全方位の階段歩行、階段上での旋回を含む階段歩行能力
  • 最大45度の登坂角度
  • 20km以上の連続歩行能力(20kg積載時15km以上)
  • 5h以上のバッテリー駆動時間(20kg積載時4h以上)
  • 歩行時の40 kg可搬を実現
  • IP67の完全防水
  • 寒冷地にも対応できる―20°C~55°Cの動作温度範囲。

 

40cmの段差乗越え

           産業用施設の階段歩行           20kg負荷搭載で山道を歩行

バナナの皮の上でも転ばない歩行安定性

 

TechShare 代表取締役 重光 貴明は、以下のように述べています。「Unitree社は、これまで毎年のように新機種をリリースし、継続的に歩行能力や耐環境性などを改善してきていますが、先行するボストンダイナミクス社が開発したSpot Miniとの比較では、これまでは歩行性能等で及ばない点も多かった。今回リリースされたUnitree B2では、40cmの段差乗越え能力や全方位に歩行できる階段歩行能力、45度の登坂角度、歩行時40kgの可搬重量、20kmを超える連続歩行距離、IP67の防水性能、-20°C~55°Cの動作温度など、Spot Miniをも超える性能を多数実現しており、産業用途を前提とした場合、Unitree B2は業界最高峰の性能を実現していると言えます。これまでの電動4足歩行ロボットでは、性能面で産業ユーザのニーズに応えられなかった多くの課題を解決し、実証実験のステップから実践導入のフェーズに移行できる必要条件をUnitree B2は、概ね実現しており、実証実験の段階から実用に向けたステップを進む道筋が見えてきたことは、電動4足歩行ロボット業界にとっても大きな進展と言える。Unitree B2の登場で、電動4足歩行ロボットが実際の業務で活躍する日は、そう遠くない未来になりそうだ。」

Unitree B2の国内販売価格はオープン価格ですが、予約販売開始時点のUnitree B2の本体価格は1,040万円で、2024年1月末までEarly Birdキャンペーンとして、特別価格での販売を実施します。上記の予約販売されたUnitree B2の国内出荷開始は、2024年2月~3月上旬を予定しています。

Unitree B2の製品内容の詳細については、弊社のUnitree Robotics製品のWebページにてご確認ください。

 

Unitree B2 製品ページ : https://techshare.co.jp/product/unitree/unitree-b2/

 

Unitree B2のリリース情報や製品詳細に関するご質問等は、弊社担当まで、お気軽にご相談ください。

TechShare株式会社
Unitreeチーム
TEL   03-5683-7293
Email  unitree@techshare.co.jp

 

TechShareでは、2023年11月に東京本社オフィスのビル内に「移動ロボット実験センター」を開設し、大型の電動4足歩行ロボット、Off-roadの電動車両ロボットなどの走行実験や実機デモを定期的に開催するためのスペースを増設しました。Unitree B2のデモ機に関しては、東京本社の「移動ロボット実験センター」に導入予定で準備を進めています。2024年4月以降には、Unitree B2の実機デモがこちらでお見せできる予定です。

また、名古屋、大阪の各オフィスにも、Unitree Go1、Go2などの小型の電動4足歩行ロボット専用のデモスペースを設置していますので、Unitree社の小型製品はこちらでもご覧いただけます。Unitree社製品の実機をご覧になりたい方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

 

Unitree Robotics社について

社名:HangZhou YuShu Technology Co. Ltd
所在地:杭州市、中国
設立:2016年

Unitree社は、4足歩行ロボットをもっと手軽に幅広い分野で利用してもらうために、低価格かつ軽量で、安定した運動性能を持つ4足歩行ロボットを世に送り出すために生まれた、電動4足ロボット専業のロボットベンチャー企業です。2016年の創業以来、世界でも数少ない量産型の電動4足歩行ロボットを製造・販売に成功している企業です。現在は、4足歩行ロボットに加え、2足歩行のヒューマノイドロボットなど最先端のロボットを複数開発する急成長のロボット企業です。

Unitree社ホームページ:http://www.unitree.com/

 

TechShareについて

社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,725万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、ロボットアーム事業、UGV/AGV及び電動4足歩行ロボットなどの移動ロボット事業、シングルボードコンピュータ(SBC)やセンサーの販売などのSBC事業の3つの事業を核に、製品販売及び周辺機器の開発を行うテクノロジーベンチャー企業です。

ロボットアームや自律走行ロボットを活用した業務の自動化、SBCを活用したSmart Factory/Smart Office化などIndustry IoT分野を中心に、ハードウエアとソフトウェアを複合的なソリューションとして提供することを目指して事業展開しています。自動車、建設機械メーカーから、ソフトウェアハウスや開発ベンチャー、官公庁、大学・高専等の教育機関まで、幅広い顧客にサービス提供しています。

TechShare公式サイト: http://www.techshare.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】
TechShare株式会社 マーケティングチーム 広報担当

電話番号:03-5683-7293
Email:marcom@techshare.co.jp

Comments are closed